プロダクトローンチ系ビジネスのやり方とは?ほんまに詐欺手法なん?

カズユキです

今回は、ホンマに詐欺手法なん?

ってことで、プロダクトローンチ系

やり方とは何かについて色々書いてみます。

手法自体は、以前から存在していて

ネットビジネスではよく使われる

手法の1つではありますが、

最近では、主に

詐欺商材系に使われている場合が多く

「騙された」なんて事をよく聞きますし

今やネットビジネス界では

詐欺の代名詞的なイメージで

特に今年、目立った感のある話の1つです。

しかしそれも、消費者庁による

かなり本気の締め出しに掛かっていて、

そろそろ、そういった詐欺まがいな

無料オファー系は姿を消しつつある

悪徳ビジネス手法の決定版

「プロダクトローンチ系」

※無料オファー系とは・・・

簡単に説明すると、今回テーマの

「プロダクトローンチ手法」を用いて

まず先に、情報の提供などと称して

誇大広告などに引っかかってきた

見込み顧客に対して、メルアドやLINE等を

無料で登録させてから最終的に売り込みをかける。

といった、一連の流れが出来上がっている

一種の売り込み戦略みたいなものです。

手法としては

プロダクトローンチを用いてはいるので

ややこしい所ではありますが、

要は「ワンタップで100万円」みたいな

アホが考えそうな広告見かけたら

それだ!と思うくらいで良いと思います。

思いっきり僕の主観ですがw

でも、プロダクトローンチという

ビジネス手法自体が悪いって話でもない。

ただ、

今や大きくなりすぎた感さえある

ネットビジネス(中でも特にアホな輩ども)

のせいで、「プロダクトローンチ」

という言葉自体が一人歩きして、

悪の代表みたいな言葉に

なってしまった気がしてなりません。

今回は本来の

「プロダクトローンチ」

言葉の意味も含めて

色々と書いてみたいと思います。

結論からいうと、

日本で横行しているような

主にネットビジネスにおける

プロダクトローンチ系な手法は

今後、消費者庁の本気の締め出しにより

大量アクセスは見込めなくなるでしょう

まぁそうなったらそうなったで

悪徳な輩どもは、新しい手法に

切り替えるだけでしょうから

所詮はイタチごっこに終わります。

ともあれ、

安易な無料オファーなんて

もう時代遅れですし、

今後、更に消費者庁からの

締め出し食らって終わりですから

登録なんてしないことはもちろん、

本気で稼ぎたいなら

本物の情報を、自分で掴みにいくことが

成功への近道であると、お伝えしておきます。

ってことで、

最後までお付き合いヨロシクです。

プロダクトローンチとは?

ではまず、

プロダクトローンチとは

どんなものなのかって話。

先に、参考動画あったんで

良ければどーぞ。


プロダクトローンチとは「DRM」

ダイレクトレスポンスマーケティングの中の

販売手法クロージング(契約完了)

部分に当たるものです。

プロダクトローンチという言葉は

直接的には、製品やサービスの

ビジネスの販売という意味ですが、

インターネットビジネスにおいては

顧客へのアピールとレスポンス獲得による

爆発的な報酬成果を目指す

クロージング手法という認識が強いです。

ま、超簡単にいうと、

ガンガンに自分(商品)をアピールして

(半ば強制的に)信用させて

顧客を「見込み客」に教育していけば

少々、高単価なモノでも

(信用させた上で)一気に売れますので

爆発的な利益が、短期間でも得られますよって話。

・・・ちょっと嫌みな書き方しましたが(笑)

<直訳>

プロダクト:製品

ローンチ:売り出す

予め、発売が決定している商品を

発売と同時に爆発的に売り上げるための手順を

細かく細分化して体系化した

(計算し尽くされた)マーケティング手法が

プロダクトローンチといった所です。

つまり、

一文で言ってしまえば・・・

「確実に売る(売り切る)ための手法」

みたいに思って貰えれば

分かりやすいかと思います。

たまに、

転売ビジネス等でも見かけますが

「予約販売」の手法にも似た

用意周到な手法とも言えますね。

例えば、

メルマガアフィリエイトでも

プロダクトローンチは活用できますし、

インターネットビジネスでの

強烈なセールスの場面に使われる印象が強いです。

過剰な誇大広告で

「ワンタップで100万円稼げます」

みたいな広告見たことないですか?

あぁいう無料オファーとかで

「締め切りまであと◯◯日!」

みたいな感じのやつも

プロダクトローンチ系と言えます。

ま、問題なのは・・・

中身の全く伴わないような

詐欺まがいな商品売りつける

悪徳業者が、プロダクトローンチ系に

多く存在するのが1番の悪因なわけで、

プロダクトローンチそのものの

手法としては、別に

悪いモノでは無いんですがね。

セールスの先にしっかりとした

価値が提供できるのであれば、

プロダクトローンチは

販売側にも消費者にも

有効な手法と言えるのかも知れません。

やはり何事も本質から考えた

「価値の提供」が大切だってことです。

プロダクトローンチ系のビジネス手法例など

プロダクトローンチは

コピーライティングのテクニック等も含め

主に、心理学的な面から顧客に対して

売り込みをしていくような手法・・・

というイメージが強いかな?

ってのが、僕の印象です。

と言っても、

流れとしてはDRM手法の内容と

さほど変わりはありませんが

プロダクトローンチの手法を

簡単に説明すると以下のようになります。

1,集客(プレローンチ)

まず、見込み客リストを集める

「集客」の部分から

プロダクトローンチは始まっています。

リスト集めの手法は様々ですが

主にネットビジネスの場合であれば

無料オファーを利用したり、

号外広告等を利用して

大々的に集客する場合が多いです。

※ここに誇大広告が多いため

「詐欺被害に発展する」

なんて事が多発するんですよね。

くれぐれも、そのような

誇大広告などに直面しても

安易に信用しないことですね。

2,教育(リレーションシップ)

そして、集まった見込み客に対して

「教育」をしていきます。

価値ある情報や役に立つコンテンツを

無料提供して自身のファンになるよう

教育していきます。

見込み客に価値を感じてもらうことにより、

商品販売の成約率があがりますからね。

要は、商品発売日に向けて

売りきる為の準備を進めていくって事です。

ただ、ここでも問題となるのが

少し探せばそこら辺で拾えるような情報を、

さも「プレゼント」みたいな感じで

恩着せがましく押しつけてくる

悪徳業者もいるってこと。

でも悲しいかな。

人間ってタダで貰えるとなると

そこに「貰ったから」っていう

恩返し精神みたいなもんが働いて

ついつい有り難く思ってしまい、

信じてしまう傾向があるんですよね。

なので、

こういった話に直面したら

ぜひ、冷静な判断をされるよう

注意しておきたいと思います。

3,販売(ローンチ)

そして、手塩にかけて

教育してきた見込み客に対して、

いよいよ発売日に

商品をセールスしていきます。

メルマガ等で商品発売情報を公開する

ってのがよく聞くセールスパターンかな?

他にも「LINE@」が

使われるパターンもよく聞きますね。

「教育」の段階でファン化出来ていれば

すでに「商品を欲しい」と思っている

購買意欲の高い属性へのオファーとなるので

普通にモノを売るよりも

高い成約率が期待できます。

更に、

販売期間限定や限定価格などで

緊急性希少性などを煽ることにより、

より成約率の向上を狙っていきます。

「特別価格の終了まで残り◯◯日」

みたいなのがよく見られる広告ですね。

ま、知った上で見るのと

知らないで見るのとでは

受け取り方に大きな差がありますよね。

ぜひ知っておいて頂ければと思います。

4,アフターケア(ポストローンチ)

そして、売るだけでは終わりません。

購入者や見込み客と

商品発売後もアフターケアをして

関係性を深めていきます。

よく、情報商材系の

特に高額塾などの案件で言われるのが

サポート体制についての問題。

サポートが充実しているかどうかは

このアフターケアの部分にかかっているわけです。

でなければ、自身の商品が

詐欺だ何だとクレーム食らっちゃいますからね。

また、商品情報を購入しなかった

見込み客に対しても引き続き

教育面も含めて公開していきます。

更に、

購入者の感想、成果報告、など

購入者の声を伝えていくなどして

未購入者の購買意欲や興味を

再度喚起することができます。

ま、ここで分かるのは

徹底的に商品を売り切るための手法として

あらゆる面からアプローチしていく

というビジネス手法だとも言えますよね。

あとついでに書いとくと、

徹底している所なんかは特にですが、

次回の商品販売に向けても

出来上がった顧客リストに対して

メンテナンスと称して積極的に

コミュニケーションを取りにいきます。

このように、

クロージングの部分だけで無く

一連の流れで商品販売に対して

徹底的に準備し、しかるべく

導線が引かれているわけです。

ただ、商品そのものに

それなりの見合う価値さえあれば

何の問題もない訳で、手法そのものが

悪いと言ってるのではありません。

しかし、

実際にこのような手法を用いて

詐欺まがいな商品を売りつける

なんてケースもあるわけですから、

どうか、ご自身の判断をお間違いなく!

一般的な商品でもローンチが取り入れられている例

とはいえ、

やや批判的に書いてきた

プロダクトローンチ手法ですが

一般的な商品でも

取り入れられている手法なんですよ

ってことも紹介しておきますね。

分かりやすいので言えば

iPhoneなど、スマホの販売に向けて

取り入れられているといったケース。

誰しもが経験あると思います。

知らず知らずのうちに

ニュースやCMなどをはじめ

各メディアで徐々に情報が露出され

口コミなどの勢いも相まって

まだ発売前にも関わらず、

気付けば買う気になっている

なんてことはよくある話です。

商品の発売までに、購買意欲を高める

(温度を高めるなんて言い方もします)

そして、

確実に売れるように仕向ける

という点から考えるに、

これも、れっきとした

ローンチ手法のうちの1つなんですが、

この場合、何も怪しいことは無く

ごく普通に世間に受け入れられている

ビジネス手法になるわけです。

なので、プロダクトローンチと聞いて

「怪しい」だの「詐欺」だのという

意見が未だに言われ続ける要因としては

主にネットビジネスにおいて

プロダクトローンチが使われる場合に

そのような事が起きているからに

他ならないんでは?と僕は思うわけです。

ということで、

プロダクトローンチが

ネットビジネスで使われる場面についても

説明しておこうと思います。

ネットビジネスでのプロダクトローンチ例

ネットビジネスの高額塾を

販売する際の「無料オファー系」

よく見かけるのは

「無料オファー登録で稼ぐ手法をプレゼント」

という流れで集客する方法ですね。

↑とりあえずまぁ、例えるならこんなやつですw

稼ぐことに興味がある

リスト(顧客)に対して

「この塾に入るともっと稼げるよ」

「この塾に入らないと稼げない」等の

「教育」をしていくことで

高額ネットビジネス塾や

コンサルティングを販売する

といった使い方があります。

(というか、主流?みたいな所があります)

また、

すでにメルマガアフィリ等で

リスト集客している状態で、

新しい企画をやる流れとしての

マーケティング手法として

プロダクトローンチを取り入れて

セールスしかけてる場合もあります。

この場合によく使われていると感じるのは

動画や音声コンテンツですね。

見込み客に情報と価値を提供していき、

質問返信や予約をとることで

企画募集開始への温度をあげていきます。

なぜか、動画や音声って信用させるには

打ってつけというか、お客側としても

信用してしまうから恐ろしいものです。

とはいえ、

ネットが無かった時代から考えれば

個人でも実践できる

インターネットビジネスでの

プロダクトローンチは、

その特徴として、

販売手法を独自のコンテンツ作成で

再現することができるので、

新商品を発売する時には

ぜひ取り入れたい

クロージング手法と言えます。

ただ、

「仕掛ける側」と「仕掛けられる側」

この意識をしっかりと持った上で

騙されないことはもちろんとして、

自身の商品を販売する際も

(相応の)価値の提供を、

意識して取り組まれることを

おすすめしておきます。

プロダクトローンチの誤解と偏見

では一通り

プロダクトローンチの手法について

説明させてもらったところで、

僕としてはコレが1番言いたい

っていう事を書いておきたいと思います。

それが、

ネットビジネスにおいて

プロダクトローンチのイメージが

ちょっと曲がっている。

って事です。

主に2012年頃から主流化した感のある

「ネットビジネスで爆発的に稼ぐ」という

広告が多数、市場にあふれ出し、

それで集客した属性(顧客)に対して

高額な塾が多数販売されていきました。

その購入者の中で成果者が少なかったり

価格以上の価値が提供されなかった

(多くが噂レベルですが)とされる評価が、

ネット上や実際の参加者の

口コミなどにより拡散していき、

プロダクトローンチの

ビジネス手法自体のイメージが

詐欺とイコールとされる、

などという状態になっています。

まぁ、

自己投資なんていうものは

所詮は自己責任ですから、

販売者を恨んだところで、結局は

自分の判断によるものですから

文句言ってても仕方無いんですが・・・

おそらく、成果が出ないことを理由に

詐欺呼ばわりしていた商品の中にも

自身の努力が伴っていなかった方ってのは

少なからずいるはずです。

冷静に考えてみて下さい・・・

商品買って、それだけで

億万長者になれるんなら

みんな大金持ちですよw

とはいえ、

ほんとに詐欺まがいな

悪徳業者って実在するのも事実。

要は、安易な儲け話なんかに

騙されないことはもちろんのこと、

自身の商品を売るときであっても

価値の提供に重きを置くことを

重視するべきだということ。

そして、

どこよりも信頼のある商品を買ってみて

自分で出来る最大限の努力をしてみて

それでもダメだったら、

幾らでも文句言っちゃえば良いと思いますw

ま、そういう僕だって

いくつか情報商材買ってますから

気持ちは分かりますけどねw

ちょっと話が脱線しましたが、

つまり・・・

プロダクトローンチ手法で販売される

高額塾やコンサルティングが

過去、あまり噂として良くないものが

多かったとされることから、

本来あるクロージング手法としての

プロダクトローンチ自体の

イメージが低下しているって話です。

しかし、

プロダクトローンチという

マーケティング手法自体は

決して悪いものではなく、

商品販売後にしっかりと

顧客に価値が提供されていれば

それで全然問題ないわけです。

価格以上の価値を期待して

購入した顧客に対して、

価格以上の価値をしっかりと

提供できるかどうかは販売者次第です。

それと同様に、

商品をしっかりと活用するなどといった

購入者側の努力も絶対必須です。

プロダクトローンチのような

有効なマーケティング手法は

随時取り入れつつ、

ネットビジネス業界を理解した上で、

自身の情報発信ビジネスに活用する。

こういった考え方の出来る人が

成功に近い人間ではないかと考えますね。

プロダクトローンチ系ビジネス手法とは何か?についてのまとめ

では、

今回はプロダクトローンチ系について

僕なりに思う存分書いてみましたw

今や、プロダクトローンチ系の

代表的なセールスパターンとして

あっちこっちで見かけるようになった

「無料オファー系」

無料オファー等が、まだ続く限りは

今後も安易なアクセス集めは

ある程度であれば可能かも知れません。

ただ、これが本格的に規制されると

それだけに依存していても

アクセスは見込めなくなります。

ということは、

仕掛ける側としても

当然、あの手この手で

手法を変えて仕掛けてきます。

覚えておいて下さい。

世の中から怪しい金儲けの話が

消えることは絶対にありません。

つまり、

無料オファーからのプロダクトローンチ

という形式が規制されたら、

また新たなカモからお金を巻き上げる

手法に移行するだけだということです。

まぁそれで、プロダクトローンチ系の

手法としての正常化が保たれることは

購入者側から考えれば安心できる所。

実際、今の高額系のオファーは

ネット上で完結させるのではなく

無料セミナー勧誘からのクロージングという

パターンにスイッチしています。

また更に、

一律での動画クロージング

といった手法だけではなく、

ライン@等で個別のやり取りしてから

最終的には電話で・・・

というケースも増えてきてます。

要するに

これまでは表面上で拾えた情報が

実際に登録してコンタクトを取るか、

場合によっては、足を運ばないと拾えない

という形になってきていますしね。

そこまでするか!

って感じにも取れますが

ま、それも自己責任ですから

ぜひ気を付けて頂きたい所。

ともあれ、今回の記事で

プロダクトローンチ系のイメージが

少しでもお伝え出来ていれば光栄です。

ってことでまた次回!

ありがとうございました

お問い合わせ&メルマガ

「ブログではちょっと・・・」

という内容に関しては

僕のメルマガから発信していく予定です。

裏情報も混じるかも知れませんので

登録しておいて損はないかと思います。

(不定期ですし、やかましくはしません)

⇒ 酒屋ブロガーのメルマガを無料で読んでやる

※万が一お気に召さなければ解除して

全力でゴミ箱に投げ捨ててやって下さい!

現状、稼げてる人なんて

みんな結構どん底味わってたりしますよ♪

ネットビジネスというのは

少しの努力さえあれば、

必ず結果の出るビジネスです。

諦めさえしなければ

失敗は永遠にやってきません!

⇒ 酒屋ブロガーのメルマガを無料で読んでやる

今後とも、よろしくお願いいたします。

また、ご質問はこちらから

必要であればSkype通話も受け付けてます♪

お気軽にお問い合わせください♪

酒屋ブロガー

一幸(カズユキ)でした。

お気に召しましたら、ぜひ記念に

下記ボタンから応援下さると励みになります♪

最後までお付き合い、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る