酒屋の社員がコッソリ始めた儲かる仕事。副業ブログで稼ぐとは?

酒屋ブロガーカズユキです

酒屋の一社員である僕が、なぜ

副業でブログを書いていると思います?

簡単に説明すると、

酒屋の格安給料だけじゃ心配だから

収入を増やすために

副業ブログを始めてみたのが理由です。

実際、本業の酒屋(ホンマ給料安すぎ!)

より、副業ブログの方が儲かる仕事ですw

”低所得に悩む酒屋”から脱出するために

副業ブログを始めた、なんて聞いても

ピンとこないかも知れませんが・・・

”儲かる仕事(副業)で成功する”

とは言え、「所詮ブログやろ?」

って思われそうですもんね(汗)

しかし、

ものは試しという言葉もあります。

当然、僕はブログをおすすめしますが、

副業も含めて、儲かる仕事といっても

世の中には色んな情報が溢れています。

副業探しも良いですが、くれぐれも

インチキな情報に踊らされないで下さい。

ぜひ最後まで読んでもらって

それから副業探しに移っても

全然遅くはないと思いますよ♪

副業ブログで成功する秘訣とは?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

格安給料の酒屋社員を救った

資産型ブログの構築について

酒屋が副業でブログを始めた理由について「はじめに」

皆さんは、今の酒屋の仕事を

どれほど知っているでしょうか?

確かに一昔前の時代であれば

酒屋と言えば、儲かる仕事の

代名詞的な所があったみたいです。

しかし、

現在の酒屋というのは

価格競争の激しさから、

原価を無視した、格安設定で

ホンマ、有り得へんくらいの

「超格安な売値」をつけるのが

当たり前のようになっています。

故に、売れども売れども

一向に儲かることのない

悪循環に陥っています。

国が、心ばかりの政策を

施しはするものの、ウチの様な

末端の小さな酒屋では

今日も、激しい格安争いの中

必死に商いをする毎日です。

今更ですが、僕も酒屋が

”儲かる仕事”であった頃に

入社したかったもんですよ(汗)

僕はあくまでも、

一社員の身ですから

経営にまで口出す気はありません。

ですが、会社が潤わないことには、

いつまでも自分の給料は上がりません。

なので、

10余年勤めた酒屋ですが

今も変わらず「超低賃金」で

重たい酒樽担いでますw

周りには「社畜」?

みたいな言い方されたりしますねw

因みに「超低賃金」って

どれくらいかというと、20万・・・

あるかないかって所ですよ(笑)

で、そこで出会ったのがブログ

もちろん、副業ですけどね。

今の仕事の収入、一本しかない

なんて、火に油みたいなもの。

酒屋に限らず言えることですが、

今の仕事の収入一本しかない現状に

もっと危機感を持たないと

本当に危ないですよ~

将来、不安じゃないなんて人は

おそらく少ないと思います。

現状を変えるには、これからも含め

パラレルワークというマルチな

仕事に対する考え方が必要です。

なので、酒屋で成功したいって方は

どうぞ慎重になさって下さいね!

ともあれ、今回の記事で

酒屋の仕事の悲惨な現状と

副業ブログ(ネットでの仕事)の魅力、

両方をお伝え出来ればと思います。

副業でも儲かる仕事はあるんです!

格安給与の酒屋社員が

副業(ブログ)で成功する為の方法とは?

では、本題に参ります。

酒屋で働くよりも、副業ブログの方が儲かる?

では、まず僕の働いている

酒屋(一応、株式会社)の規模から。

社長と、その息子の2名と

従業員は僕を含め2名の、併せて4名。

会社とは言いますが、

いわゆる、町の小さな酒屋さんです。

※画像はイメージです

ご存知の方も多いと思いますが、

今や、個人でやっているような

町の酒屋というのは、どんどん

閉店し、姿を消していっています。

その最大の原因として、

まず挙げられるのが、

酒類量販店やスーパーでの

ビールなどの格安値下げ競争

特にイオンなどのモール系では

量販店やスーパー以上に

安く提供していたりなど、

町の小さな酒屋としては

対抗しきれないほどの価格設定。

一昔前の話を聞くと、

やはり「ビール」といえば、

酒屋の売れ筋商品だったわけです。

しかし、そのビールも、大型店の

桁外れな「大量仕入れ」により

今や、完全に「売値崩壊・格安設定」

あんな格安の値段で提供されては

こちらとしても、お手上げ状態。

現に、ウチの会社でも

ビールの売り上げのほとんどは

ビンや缶よりも「生樽」です。

「生樽」を売るということは

専用サーバーを持っている

お客さんに売りに行くということ。

つまりは、飲食店などへの

「配達」が主な仕事で、

ビールの売り上げの大半が

個人ではなく、お店への配達で

まかなっているっていう状況です。

では、どのようにして

売れなくなったビールの分を

補って、売り上げを立てているのか?

そのあたりから詳しくご説明します。

「配達」と「専門酒」で稼ぐ

ビールがそこまで厳しいのであれば、

無理に対抗する必要もないだろう

ということで、ウチは基本的に

瓶ビールや缶ビールの販売は

あえて、推していません。

(いや、一応置いてはいますよw)

ただ、やはり先ほども書いたように

ビールの売り上げは、ほぼ配達。

瓶ビールや缶ビールにおいても、

ほとんどが、配達での売り上げ。

逆に、店で缶ビール買ってくお客には

「スーパーで買った方が安いですよ」

なんて言っちゃってる位ですからw

では、他に何で売り上げるのか?

先に、ビールから言うならば

「国産モノ」だけでなく

例えばドイツビールなど、

「外国ビール」を多数、揃えてみたり。

他にも、

ウイスキーやスピリッツといった

「洋酒」など、量販店やスーパーと、

さほど価格競争の起こらない商品

充実させることで「専門店」にし、

他店との差別化を図っています。

あと最近では、プレミアムな

「日本酒」「焼酎」なども売れ筋。

わざわざ遠くから買いにくる方もいますし

ひいきにしてくれている、

バーや、ワインの専門店からの

注文も大きな売り上げに繋がっています。

「ココでしか買えないから」

という、お声も頂いたり。

※因みに、このニッチな客層を

大切にする辺りって、

実は、ネットビジネスにも

通ずる所があります。

詳しくは、また別記事にて・・・

で、

ただ、あまり競争の無い所ばかり

攻めていても、需要が少ないのも事実。

なので、飲食店へのアプローチは

熱を入れて行っています。

ついでに書いておくと、

ウチの社長の口癖は「人を売れ」です。

「お酒」というのは、

独自の味がある飲食店とは違い、

全国どこで買っても

中身も味も一緒のモノです。

激化して、飽和しきった

価格競争の”なれの果て”が

現在ならば・・・

あとは

「人間味」で勝負するしかない

というのが、

ウチの社訓みたいになってます。

ま、ちょっとした小話ですw

とにかく、

価格競争に対抗してばかりでは

値下げ合戦になるばかり。

しかも、たとえ勝ち取ったところで

それは結局「薄利多売」となり、

結果、自分の首を絞めるだけですし。

あ、そういえば過去に、

転売について」書いてみましたが

まさに、転売ビジネスと同じく

「値下げ合戦=売値崩壊って事が

酒屋界隈でも起きているんですよ。

価格競争(価格の下げ合い)は

最終的には「共倒れ」という、

悲惨な結末しか待っていません。

儲からないビールにすがるのではなく

量販店では扱っていない

品揃えの薄い商品で独自性を出す。

町の小さな酒屋の、ビジネスは

このように「専門店」として

生き残る道を辿っているのです。

なので、もしあなたの周りに

飲食店のお知り合いがいましたら、

出来れば、生樽くらいは

量販店からではなく、町の酒屋さん

から買ってあげてとお伝え下さいw

「体が資本」という考え方

では、そんな過酷な酒屋さんで

働く僕の、いま最も重要視している

考え方についてお伝えしておきます。

それが「体が資本」という考え方。

言わずと知れた、

松下幸之助さんの名言です。

※体が資本という考え方については、

こちらに書いてみましたので、

お時間あればどーぞ。

酒屋で働きながら、ブログ・・・

というか、ネットビジネスやってると、

本当に体って大事だなと思いますし、

ブログを構築していくのって

やればやるほど、手が掛かりませんし

身体的な辛さって一切ないですから

凄くありがたみを感じます。

※重労働者の切に思う本音(笑)

先ほど、町の小さな酒屋ビジネスは

「配達」がメインだとお伝えしました。

「配達」がメインということは

つまりは、体が動かなくなれば

完全に”お役御免”の仕事である事は、

容易に想像が付きますよね。

なので、

ブログを書く理由の1つには

万が一体が動かなくなった時の為の

保険として、やっている所もあります。

体が動かなくても、

自分の代わりに働いてくれるのも

ブログの素晴らしいところ。

ついつい、自分の体って

粗末に扱いがちです。

でも、ブログ書いてると、

体が動かなくなった時の事とか

冷静に考える時間にもなってて、

個人的には、そういう面から見ても

ネットビジネスって「体を労る」

という、健全なマインドも保てるし

良い仕事だなと思います。

時々、ふと思うんですが、

重労働者って、ある意味

「危険な思考」になってまして

「いつか体が動かなくなるかも」

ってことを、考えず(というか無視して)

自分の体の心配をヨソに

「無理に無理を重ねる」ことが当たり前

みたいになっちゃってるんですよね。

毎日、毎日、

重たいモノばっか持ってる

筋肉バカが多い酒屋界隈には、

腰に爆弾抱えてる人なんて

ゴロゴロいてますしw

少々、話が逸れましたが(汗)

とにかく、体あってのモノダネです。

まぁこれも、

格安給与に悩む酒屋が

ブログを始めた理由として

お伝えしておきたいと思い、

書いてみました。

どんなビジネスでも

「体が資本」という考え方で

取り組んで頂ければと思います。

健康な体がないことには、

何にもできませんからね~

酒屋の仕事は儲かるのか?初めて副業ブログで書いてみる

喫茶店に「純喫茶」があるように

ウチも扱うのは「お酒」のみ。

しかし、最近の酒屋ビジネスでは

お米や、菓子類、を扱うのは当たり前、

野菜やお肉といった生鮮食品

はたまた、店によっては

クスリを売る酒屋まで出てくる始末。

もはや何屋さんなのか

分からんやん!って感じッスw

ただ、これって「在庫を抱える

っていう、大きなリスクがあるんですね。

まぁ、ヨソはヨソ。ウチはウチ!

やり方はそれぞれなんで、

その辺はまだ良いとして・・・

今回は、せっかく酒屋ビジネスに

関係する記事なんで、

酒屋の事をもっと知ってもらうために

色々書いておこうと思います!

酒屋ビジネス VS ネットビジネス「多様化問題」

僕の働く酒屋さんは、

「純酒屋」ですし、社長自身も

「酒屋が酒屋がんばらんで、

他にどないせぇっちゅーねん」

って言う、まぁ一種の

ガンコな意見ですがw

それでも今なお、

お客さんが付いてくれてるのは

日々、人情を売ってきた

甲斐あってのことかと

自負してる所はあります。

ただ・・・どうあがいても、

僕は”一社員の身”です。

会社が存続しているのは

良いことなんですが、

酒屋のビジネスが昔ほど

儲からなくなっているのは事実。

僕1人頑張った所で、個人の給料は

いつまでたっても上がりません。

なので、(仕方ないのでw)

もちろん”酒屋は頑張ります”が

隠れて「ブログ」も頑張ってますw

酒屋の”一社員”として

「リアルビジネス」を頑張る傍ら、

自分個人としては

「ネットビジネス」で成功すると決めて、

ブログを始めた所もあります。

酒屋がリアルビジネスの枠で、

「多様化を図る」ということは、

先ほども書いたように

「在庫」を抱えてみたり、

「費用」が、かさんだりなど

ネットビジネスでいうところの

4原則の真逆をいくことばかり。

4原則については、

こちらをご覧下さい。

どんな業種にも言える事ですが

ハッキリ言って、これからの時代

ネットの力を借りずして成功は無い

と言っても過言ではないです。

Facebook

名刺交換の代わりになっていたり、

インスタグラム

息を吹き返した飲食店があったり

Twitterを、バリバリ駆使して

集客してる中小企業があったりなど

たかが、酒屋の一社員である僕でも

それくらいの話なら耳にします。

儲かっている、と聞く事業の

ほとんどが・・・(いや全てかな?)

ネットの力を存分に活用して

ビジネスを展開しています。

近い将来、

多くの人の手による仕事が

ロボットに取って変わられる

なんて怖い話もありますしね。

ただ、

いくらネット社会が進もうとも

まだまだ「人の手」による

仕事に需要があるのも事実。

だから、今はまさに

「時代の変わり目」って所だと

僕は思っています。

いまスグに「ヤバイ」

って話ではないにしろ、

今のうちから出来る事は

やっておくべきだと、僕は思います。

これまで、長年にわたって

ネット業界で稼いできた人達は

この先も、より確実に

そして更に、稼ぎ続ける事でしょう。

でも、だからといって、

「今からやるのが遅いのか?」

というと、それは違います。

例えば、近年の

アフィリエイト市場における

総売上高は、年々右肩上がりです。

更に、現在ネット上で

売り買いされているモノって

まだ、世の中の商品全体の1割にも

満たないってご存知でしょうか?

今や、何でもネットで

買えそうなこの時代に、まだまだ

それだけの余地がある訳です。

それこそ、ネットでの買い物が

もっと本格化してきた頃に、

「ネット使えません(わかりません)」

では、話にもならない訳です。

酒屋も含め、リアルビジネスにおいて、

「多様化」を図るのも良いですが、

今後、ネットの力は必要不可欠

更に言えば、

たとえ個人であろうとも

稼ぐ力を身に付けることは

不可能じゃないってことを

ぜひ覚えておいて下さい。

その、代表的なものがブログであり

それを使った、ネットビジネスです。

多少の時間と努力は必要ですが

コツコツでも、ブログを構築していけば、

個人でも「多様化」を図れます。

今の仕事も、もちろん大切ですが、

将来、予期せぬアクシデントに

対応出来るよう、

しっかりと準備することが、

これからの日本を

生き抜くためには必要だと

お伝えしておきます。

参考までに⇒「日本の危機を知る

将来の不安を取り除くため、

今、あなたは何か取り組んでいますか?

会社でも、個人でも

「多様化」を図るのであれば、

まずはブログです。

ネットの力をフルに使い倒して

有効的に「多様化」していきましょう!

コンビニ形態への”店舗改造”が増加

皆さんもよくご存知の、

デイリーヤマザキや、

ポプラ(こっちはちょっとローカルかな?)

などの、コンビニエンスストアって

実は元々、町の小さな酒屋さん

だった所が多いって知ってますか?

僕は一応、酒屋に勤めて長いですし、

知り合いの「酒屋情報」など

耳に入ってくることも、しばしば・・・

で、酒屋をコンビニ形態に変えて

なんとか生き延びた!って話も

何度か聞いた事があります。

実際に何件か、知り合いの酒屋も

「酒屋色」は残しつつ、コンビニ形態

営業を続けている所があります。

中には、家業を継いできた

って店もあったりして、

自分の代で終わらせたくはない

って気持ちの表れなんだと思います。

で、ウチは有り難いことに、

酒屋を続けさせてもらってます。

しかし、それも保障された

未来があるわけではありません。

コンビニでお酒を買ったこと無い

なんて方は少ないと思いますし

いつ食われるかも知れない恐怖は

常につきまとってきますしね。

最近では、コンビニでも

「生ビール」を提供する所も

出だしているとか・・・

末恐ろしく思います。

なので、

僕としても、酒屋に骨を埋める

という覚悟を決める前に、

安定した収入を、もう一つ別で・・・

と、考えていた時に

運良く出会ったのが

資産型ブログの構築でした。

今はネットで稼げる時代

だということを知ってからは、

クビになる不安も一切なくなりました。

コンビニ形態に移行するとなれば

経営的にマズイ状況でしょうから

社員としては「クビ」が

どうしても頭をよぎります。

万が一、ウチもコンビニに

ならざるを得ない状況が

来ないとは限りませんしね。

ってことで、

酒屋とコンビニの話をしてみましたが、

他にも同じようなことが言える会社も

おそらく、あるんじゃないでしょうか?

今は個人でも、

大きく稼げる時代です。

セオリーに流される前に、

臨機応変に考えていきたいものです。

言わずもがな、

ブログ構築で稼ぐのが

1番オススメですけどね♪

もし現状に不安があるって方は

ぜひ1度、ブログの構築を

検討されてみても良いと思いますよ~

>>ブログ構築のススメ

セレクト系酒屋の進出・拡大

これも問題の内の1つです。

「セレクト系酒屋の大規模進出」

とでも名付けましょうか。

セレクト系酒屋とは、いわゆる

「酒屋(兼)何でも屋さん」

みたいな感じに思ってもらってOKです。

代表的なのは「カクヤス」などの

大型チェーンが有名どころですかね。

先ほども書きましたが、

「何屋さんやねん?」みたいなこと

やってるのが、セレクト系酒屋の特徴。

まぁ、本人達が「セレクト系」と

言ってるのでは無く、あくまでも

ユーザーが名付けたっぽいですがw

ここでは分かりやすく

「セレクト系」と呼ばせてもらいます。

で、そんな話はさておき、

この「セレクト系酒屋」達の

近年の市場進出が著しく、

町の小さな酒屋さんというのは

もれなく痛手を被っています。

単純に、価格に関しても

量販店やスーパーと同じく

原価無視で強行してきます。

正直、価格だけで勝負すれば

負ける事になりますが、

商売には価格だけでは通らない

「人情」の部分が必ずあります。

ウチは、そこを大事にしてるんですが、

奴らは「安さ」という武器を片手に

厚かましくも、勝手に人の土俵へと

ズカズカ上がり込んできます。

もちろん、

人情の欠片も持ち合わせていないような

下手な営業マンに言いくるめられるほど

ウチのお客様に、バカはいませんw

なので、今のところ

全て返り討ちにあってます。

で、ビビるのはそこではなく

もっと恐ろしいことに、最近では

通販最大手である、あのアマゾン

セレクト系酒屋を模範にした

ビジネス展開を行ってるみたいです。

あまり詳しくは聞いてませんし、

今のところ、何の影響も受けてませんが

今後、本腰入れてくるようであれば

絶対に無視できない存在です。

ついでに書いておくと

最近のアマゾンでは、販売者に対して

ちゃんと正規品かどうかの確認」

すごく力を入れているようです。

これは、一時期前に流行った

「無在庫転売」に対する

徹底した措置でもあるんですが、

これにより、

今やアホな転売者たちは

見る影も無いほど、

姿を消していってます。

※転売については別記事にて。

なので、

アマゾンの商品に対する

商品への信用度は、これからもっと

上がってくることでしょう。

商品に対する信用度が高くなれば

当然「顧客満足度」も上がります。

ということは、

どんどんネットで買い物する

人口が増えるわけです。

そんな中、アマゾンが

酒屋の真似事までし出すとなれば

大きな脅威となるでしょう。

アマゾンにとっては

数ある商品のうちの1つ

かも知れませんが、

ウチにとっては唯一無二。

そんなお酒だって

例外じゃなくなる訳ですからね。

セレクト系酒屋と、

それを模範にしたアマゾンの脅威

町の小さな酒屋の

ビジネス商戦は、こんな所でも

厳しい戦いを繰り広げているのです。

従業員1人につき「1億円」の売り上げ

酒屋ビジネスにおいて、

(あくまでも、目安ですが)

「従業員1人にに付き、年商1億円」

という、1つの基準があります。

つまり、従業員数10人であれば

単純に、年商10億円ないと

会社が潤わないという計算。

で、ウチでいうと4人なので

4億円・・・いってんのかな?w

僕は経営者ではないので

詳しい内訳などは分かりませんが

一応、会社は存続しているので

それなりに売り上がってはいるハズ!

ただ、僕個人の話でいうと、

一応、社員という立場ではありますが、

安月給な上に、メリットと言っても

普通に社会保障入ってるだけですし

特にボーナスがあるわけでもなし(涙)

なので「潤っている」

というと微妙な所ではあります。

町の小さな酒屋さんは「配達」

売り上げを立てないといけませんので、

到底、1人では回せないビジネスです。

なので、店番なども考えると

最低でも2人はいないと回りません。

(2人でもキツいですがw)

ということは、

どんなに小さな酒屋さんでも

年商2億円ないと儲からない

という計算になります。

そりゃヤル気も失せますよw

かろうじて酒屋を保っている、

知り合いの店などは

主に家族でやっていたり、

(人件費が掛からない)

先ほどもお伝えした

コンビニ形態に変えて、

なんとか、現状を維持している

というのが、今の町の酒屋さんです。

まぁ、欲張らなければですが

従業員1人1億円でなくとも

店を維持するってだけで良いなら

やってやれん事はないでしょう。

ただ、商売する以上は、誰でも

儲けたいと思うのは当然のこと。

それに比べて、ネットビジネス

パソコン1つあればできますし、

ブログというのは、やればやるほどに、

ほぼ、ほったらかしでも稼げます。

1人1億円も売り上げが必要なのは、

酒屋を維持するための経費が、

たくさんかかるからであって、

維持費そのものが、ほぼ掛からない

ブログ運営においては、

そういった心配も全くの皆無です。

よくよく考えてみると

酒屋ビジネス(リアルビジネス)って

なんて大きなリスク背負いながら

やってるんだって思いますねw

倉庫がないと商売にならない問題

書いてて思うんですが、

酒屋ビジネスって

ほんと、転売ビジネス

似たような仕事だなと思います。

「モノを安く仕入れて、高く売る」

という定義で言えば、酒屋だけでなく

どんなビジネスも転売っちゃ転売ですが。

で、酒屋には絶対にコレが無いと

商売にならないってモノがあります。

それが、

ある程度の広さがある「倉庫」です。

配達用の軽トラとかも必需品ですが、

軽トラだって「倉庫」ない事には

どこに停めとくんだって話ですし。

倉庫が必要ないくらいしか

仕入れが出来ないようであれば

酒屋としては終わってますしね。

で、お酒って、

重たいモノであると同時に

特に「生樽」なんかは

大きくて場所を取ります。

毎日何十本も配送されてきますが

それ全部置いとくのに「倉庫」

無いことには話になりません。

在庫抱えるだけでもリスクなのに

それに加えて場所まで必要とは

なんとも不効率なビジネスです。

社員にあるまじき発言w

ちなみに、酒屋って元々は

「酒蔵」や「蔵元」だった所が多い

って、ご存知でしょうか?

まぁ、だから今も酒屋さん

と言えば、当然のことですがw

普通、「酒蔵」と言えば、

お酒の「製造」のみを

行っている所だと思いますよね。

ウチも大昔はそうだったらしいんですが

今は、元々「酒蔵」だった所を

「倉庫」として使っています。

広さで言うと20坪弱くらいかな?

ウチは全然小さな方ですが、

それでも週末なんかは、

倉庫はお酒でいっぱいになります。

で、それを見る度にいつも

ネットビジネスの偉大さを痛感しますw

パソコン1つはさっきも言いましたが、

場所も問わないですからね!

「倉庫がないと商売にならない」

酒屋として、この課題を

クリアできる日は

おそらく一生来ないと思いますね~

「後継者問題」ウチはまだ大丈夫やけど・・・

よく言われる、後継者問題について

ウチはまだ、社長の息子が

がんばってくれてますし、

かろうじて難を逃れていますが、

後継者がいないことを理由に

廃業してしまったという

酒屋も何軒か知っています。

後を継がない事の、

1番の理由としては

やはり、酒屋ビジネスの現状。

散々申し上げています通り、

今の酒屋ビジネスというのは、

昔ほど儲からなくなっています。

この辺が、後を継ぐ者としては

少々荷が重いんでしょうね。

なので、ウチの会社の息子には

是が非でもがんばってもらいたい所!w

ですが、この点においても

やはりブログは最強なんです。

後継者なんて、

まずもって必要ないですからね。

書けば書くだけ、自分の代わりに

働いてくれますし、

仮に自分が寝たきりになろうとも

関係ないわけですから。

酒屋だけに限らず、

後継者問題というのは

色んな業種に当てはまる

大きな課題だと思います。

一社員の僕が、家業のことまで

気にしなくても良いんですが

会社がなくなってしまうと

社員としても困りますからねw

まぁ、そうなった時の事も考えての

ブログ構築なんですけどね♪

ただでさえ、日本の人口というのは

これから先、衰退の一途を辿ると

言われているんです。

そんな中、

いつまでも昔ながらのやり方

すがっているようでは

会社は廃っていく一方です。

参考までに⇒「日本の危機を知る②」

なので、後継者問題が

課題となっているような会社で

働いている人は、ぜひ今のうちから

ブログで収入を安定させておいた方が

得策と言えるでしょう。

酒屋が始めた儲かる仕事。副業ブログとは?

では、少々長くなってきましたので

最後に、酒屋の一社員である僕が

ブログを使って一体どんなビジネスを

しているのか?って辺りを書いて

終わりにしたいと思います。

先に言っとくと、

それは「アフィリエイト」になります。

ブログを使ってやると聞けば

まず思い浮かぶ、ネットビジネスの

代名詞ともいえるビジネスですね。

「今更アフィリエイトかい」

って思われたのなら、

それはすごく危険な思考です。

ここまで「酒屋」という

リアルビジネスについて

散々書いてきましたが、多少なり

リスクを感じませんでしたか?

リスクを回避するのに

いつまでも、昔ながらの

アナログなやり方に頼っていても

ネットの力の前には無力です。

まさに、窮地を救うのは

ネットの力に他ならないんですよ。

1人ならば、1人分

2人ならば、3人分

3人ならば、5人分

なんて、聞いたことありませんか?

これは「仕事量」の話ですが

1人だと、どうがんばっても

1人分の仕事しか出来ないところ、

不思議なことに、人数が増えれば

こなせる仕事の量というのは、

まるで「複利の力」のように

増えていくというビジネス理論です。

複利の力については資産形成の記事

軽く書いてますので参考にしてみて下さい。

ただ、この場合、

”個人の能力にも寄る”

なんて意見もあったりするので

一概にそうだとは言い切れませんし

あくまでも、

リアルビジネスでの話なので

「増やせる仕事量」にも限界があります。

しかし、ブログには

そういった制限がありません。

レバレッジの効いたビジネス

投資の世界では

よく使われる言葉「レバレッジ」

主にFX(外国為替取引)

とかで、よく聞く言葉かな?

あと日経225先物取引などでも

使われてたりします。

これは、少ない証拠金で

大きな取引が出来るというものですが

ネットビジネスでも

しばしば耳にする言葉でもあります。

投資の世界では、もちろん

投資に関する専門用語となりますが、

ネットビジネスにおいては

最小の労力で、最大の効果が発揮できる

という意味で使われていますね。

で、ネットを使って

ビジネス展開してるというだけで

それはもう、かなりレバレッジが

効いてるって事になるんですが、

イマイチよく分からないって方も

中にはいらっしゃると思うので

簡単に説明しておこうと思います。

分かりやすいのが、

書き上げたブログを使って

アフィリエイトする事です。

それには、もちろん

ネットを使って行います。

正直「待ちの商売」ではありますが

ブログが1度出来上がってしまえば

あとは、たくさんの人に

リーチしていけるようになります。

新聞や郵便受けに入っている

チラシと比べてもらうと

分かりやすいと思うんですが、

チラシって、その近隣区域でしか

効力を発揮しませんよね。

しかし、ブログであれば

ネットを使って行うビジネスですから

顧客対象は「全世界」です。

これだけでも大きなレバレッジ効果です。

ワンソースマルチユースの話

更に「ワンソースマルチユース」

という考え方ができます。

これは映画館を想像してもらえれば

分かりやすいかと思います。

映画館では、放映した映画を

その後、DVDにして

販売したり、貸し出したりして

更に稼ぎを大きくすることができます。

また、金曜ロードショーや

ネット番組でも放送するなどして

映画館だけでなく、その後

どんどん形を変えて、利益を上げます。

つまり、映画を作る側としては

「一回作った」という労力。

これに対して

出来上がった一本の映画というのは、

場所を変え、形を変えて

ドンドン利益を生んでくれる訳です。

これが「ワンソースマルチユース」

という考え方で、

最高にレバレッジの効いた手法です。

で、映画の話をブログに当てはめると、

「一本の映画」というのが

「ブログ1記事」になります。

この”一回だけ書いた”

「ブログ1記事」を使って、

例えば、コピペして

Facebookに投稿してみたり、

Twitterにシェアしてみたり、

YouTubeでキャプチャ画像として

使ってみたり、などなど・・・

最近では、ブログの記事を元に

電子書籍化なんてことも出来ますしね。

このように、

たったの1度きり書いた記事

色んなことに使えます。

一回きりの労力で、

その後、様々な方法を用いて

大きな結果を生み出せるのが

レバレッジ効果の最大の魅力!

ネットビジネスが、どれだけ

レバレッジの効いたビジネスなのか?

少しでも魅力が伝わっていれば

嬉しく思います。

とはいえ、実践に勝るものなし。

最強にレバレッジの効いたビジネスを

ぜひ体感してみて下さいね!

ブログアフィリエイトというビジネス

ネットビジネスの魅力については

もう充分って感じですねw

説明長くてすいません(汗)

では、ブログを使って

どんなビジネスをするのかって

話ですが、それはアフィリエイトです。

※アフィリエイトとは、

ブログで紹介した商品を

ユーザーが自分のブログから

購入することで紹介料として

報酬が頂けるビジネスです。

で、アフィリエイト手法にも

サイトアフィリエイト」や

トレンドアフィリエイト」など

色んなジャンルが存在しますが、

「なんでブログなんや?」って話は

過去に記事がありますので、

ぜひ1度、読んでみて下さい。

簡単に説明しておくと、ブログで

アフィリエイトする1番のメリットが、

僕のように、

本業を持ちながらでも

初期費用をほとんどかけることなく

ビジネス出来てしまうこと。

これって、酒屋に限らず

どんな業種の方にも

言える事だと思うんですよね。

ただ、人それぞれメリットに

感じる部分は違うでしょう。

酒屋の社員である僕には

数あるネットビジネスの中でも

ブログアフィリエイトが1番

型にハマってただけかも知れません。

でも、これだけは言えます。

特別な能力が必要なわけでもなく

また、お金持ちである必要もない。

つまり、

ブログアフィリエイトというのは

誰にでもやれば出来るビジネスです。

その気になれば、スマホでも出来ます。

※PCの方が作業効率は良いですが。

なので、この機に

ぜひブログを書くことからでも

始めてみて下さい。

きっと、あなたの未来が

変わってくると思いますので♪

僕だって、まだまだネット業界の

上級者達からすれば新米ですが、

それでも、酒屋である僕にしか

書けない記事があるんだと思って

毎日、ネタを引っ張り出しては

記事にしていってます。

あなたにしか書けない記事だって

絶対にあるはずです。

音楽だってそうでしょう?

今や、たくさんの曲が出回る中

一向に終息する気配すら無いのが

音楽という業界です。

どこかで一曲くらい、

被ってもおかしくないのに

1つも被らないどころか、

毎年毎年、新曲が出てきます。

おっと、

話が脱線しそうなので・・・w

とにかく、

数あるネットビジネスの中でも

ブログを使ってアフィリエイトが

どんな仕事を抱えてる人でも

できますよって話です。

これが「資産型ブログの構築」

という、1つの考え方です。

ブログは今や、資産になる

ということを覚えておいて下さい。

ちなみに、

いきなりブログがしんどいって方は

1度「自己アフィリエイト」でも

やってみることをおすすめします。

アフィリエイトの中でも

1番カンタンなので

アフィリエイトの仕組みを

理解するには打ってつけです。

僕の周りには、数名の強力な

メンター(指導者)さんを含めて

有能なブロガーさん達がいますが

その誰もが、たった1つのブログ

100万円単位の稼ぎを得ています。

ぶっちゃけ、本業以外の収入として、

それだけあれば充分でしょ?w

転売や、MLM、メルマガなど、

ネットビジネスにも色々あれど、

ブログが1番、収入としても

安定していますし、手も掛かりません。

しかも、本業以上に稼げます。

>>ビジネスモデルが気になる方はこちら

僕も副業探しには、かなりの

時間とお金を費やしましたので

ブログが1番良いという意見には

誰にも負けない自信があります。

既にブログをやっている方はもちろん、

やっていない方も、今からでも大丈夫です。

仕事しながらでも出来ますので

ブログアフィリエイト、

頑張ってみましょう!

僕も毎日、酒屋の仕事終わりで

コツコツ書いてますから大丈夫です♪

酒屋より儲かる仕事、副業ブログの今後について

今回、

かなり長めの記事になってしまい

申し訳ございません。

まだ書き足りない位ですがw(冗談)

でも、

ここまで読んで下さったあなたは

もう才能の塊です!

なぜなら、

人は長い文章を目の前にすると

面倒くさがって読もうとしません。

読書家に、骨折り損する人は

少ないって知ってますか?

それは、本を読むことで

色んな知識が、豊富に蓄えられ

結果、無駄な労力の消費や失敗を

回避することに繋がっているからです。

なので、

長い文章を読めるというのは

称えるべき素敵な能力である

僕は思っています。

ともあれ、今回の記事で

「酒屋がブログを始めた理由」

「ブログの魅力」が伝わっていると

すごく嬉しく思います。

今後も変わらず、酒屋もブログも

頑張って参りますが、

現状に不安があるという方は

僕と一緒に頑張ってみませんか?

先ほど、100万円稼ぐって話を

ちょこっとしてみましたが、

ぶっちゃけ10万円くらいなら

いとも簡単に叶えられます。

30~50万円ブロガーなんて

その辺に、ごまんといます。

でもやるからには、キリよく

まずは100万円目指して

頑張ってみましょう♪

ブログを使ったビジネスなら、

たとえ本業があっても

それが実現可能なのです。

酒屋の僕が言うんですから

まず間違いないと思って下さい♪

ではまた、酒屋ネタはもちろん

ブログ構築に関する記事も

アップしていきますので

末永くお付き合いヨロシクです♪

さてと、締めくらいは短めにw

今回はこの辺で♪

ありがとうございました

お問い合わせ&メルマガ

「ブログではちょっと・・・」

という内容に関しては

僕のメルマガから発信していく予定です。

裏情報も混じるかも知れませんので

登録しておいて損はないかと思います。

(不定期ですし、やかましくはしません)

⇒ 酒屋ブロガーのメルマガを無料で読んでやる

※万が一お気に召さなければ解除して

全力でゴミ箱に投げ捨ててやって下さい!

現状、稼げてる人なんて

みんな結構どん底味わってたりしますよ♪

ネットビジネスというのは

少しの努力さえあれば、

必ず結果の出るビジネスです。

諦めさえしなければ

失敗は永遠にやってきません!

⇒ 酒屋ブロガーのメルマガを無料で読んでやる

今後とも、よろしくお願いいたします。

また、ご質問はこちらから

必要であればSkype通話も受け付けてます♪

お気軽にお問い合わせください♪

酒屋ブロガー

一幸(カズユキ)でした。

お気に召しましたら、ぜひ記念に

下記ボタンから応援下さると励みになります♪

最後までお付き合い、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る