投資のための基礎すぎる知識。重要経済指標とは?一覧まとめ

酒屋ブロガーのカズユキです

今回は記事というよりは

「投資のための基礎すぎる知識」

として、重要な経済指標について

とりあえずな感じでまとめてみました。

ま、サラッとでも良いんで

興味のある方は見てみてください。

経済指標も見ないで

投資なんてするもんじゃないですからね~

重要・経済指標一覧まとめ

今回は 経済指標 の中でも

特に重要視すべき指標

についてのまとめになります。

ご参考までに。

米雇用統計

●毎月第1金曜日

経済指標の中で、何を置いても

最も注目すべきは「米雇用統計」になります。

アメリカ労働省が毎月発表する、米国の

雇用情勢を調べた景気関連の経済指標です。

発表時の為替市場はてんやわんや。

通常、雇用情勢の変化は、

個人所得や個人消費などに波及し、

今後の景気動向にも大きく影響してきます。

そんな米雇用統計の中でも特に注目なのは

「非農業部門雇用者数」と「失業率」。

予想される数字と、実数字との差が

相場に大きく影響します。

一瞬で1円動くことも珍しくないですから

経済指標の中でも特に注意すべき指標です。

日銀金融政策決定会合

●年に8回

(※それぞれ2日間ずつ行われます)

「日銀の最高意思決定機関である

政策委員会の会合のうち、金融政策の

運営に関する事項を審議決定する」

というものですが、

難しいのが発表時間が定まっていない所。

発表前に激しく値動きすることもあります。

政策金利もここで発表がありますし、

FTFの買い入れなど、量・質的な緩和があり

注目される指標の1つになってます。

ここで気になるのが、日銀の

「政策決定会合議事要旨」ですが・・・

本気で読みこなそうとするのは

分量が多すぎてアマチュアには至難の業です。

なので我々、為替ユーザーはわざわざ

全てを読みこなす必要はありません。

それこそ、専門家任せで大丈夫です。

投資で利益を上げるのに

全てを把握する必要はなく、

ざっくりでも構いませんので

どのような議論が行われたかを

抑えておけば、それで十分です。

欧州中央銀行(ECB)政策金利発表

●毎月第1木曜日

「欧州中央銀行(ECB)の最高意思決定機関」

日本では欧中銀とも呼ばれます。

ECB役員会の6名とユーロ導入国の

中央銀行総裁で構成されており、

ユーロ圏の金融政策を決定、執行します。

金利政策の発表でしたら

どの国も行っていることですが、

為替に与える影響が大きいため

トレーダーなら注目すべき指標です。

ユーロの流通量といえば、

米ドルに次いで世界第2位であり、

それだけに重要度が高い通貨ですので

ユーロ/米ドルやユーロ/円など、特に

ユーロトレーダーは注目すべき所です。

FOMC(年8回開催)

連邦公開市場委員会(略称)のこと。

米国の最高意思決定機関。

米国の金融政策を議論・決定する会議。

現在の政策金利に関しての方針が発表され

その結果が市場の予想と違った場合、

為替レートが大きく変動することがあり、

世界の金融市場を大きく動かします。

ADP雇用統計

●米雇用統計の2日前

米雇用統計の前哨戦、

雇用統計の先行指標とも言える指標です。

民間大手給与計算会社ADP社による
4000万人の給与データを元に算出。
統計数値次第では、今後のアメリカと
世界の景気の行方を左右すると言っても
過言ではないとされる指標です。 

政府機関の雇用が含まれませんが、米雇用統計と同じぐらいの注目度。もちろん、市場影響度も高いです。


GDP

●毎月下旬

国内総生産。国内で生産された

商品やサービスの付加価値の総計で

景気の動向を総合的に判断するための指標です。

四半期ごとの発表ですが、

「速報→改定→確定」と

3回発表される為、毎月発表される。

特に「4月・7月・10月・1月」に出る

速報値は要注意です。

市場への影響非常に大きいですので、

必ずチェックしておきたい指標です。


消費者物価指数(CPI)

●毎月中旬

全世帯が購入する、家計に関わる物価の変動を

時系列的に測定したもので、家計に関係する

消費構造を固定化し、物価の変動により、

必要となる費用の変化を数値化したもの。

要するに、

小売やサービス等の価格を調査し、

物価の水準を測定したもので、

インフレ系では最も重要な指数です。

※食料品とエネルギーを除いた

コア指数」が特に重要視されます。

金利とも深く関係するため、

無視の出来ない存在でしょう。

米・ISM製造業景況指数

●毎月第1営業日

アメリカ製造業の景況感を見る経済指標で、

景気の動向を左右する重要な指数です。

各企業の購買担当役員へのアンケート結果。

(米供給管理協会による)

「生産、新規受注、在庫、価格、雇用」

などを、前月分と比較して

「良い・同じ・悪い」の三段階で評価。

米国の主な経済指標の中では最も早く、

毎月の第1営業日に前月分の発表される為

速報性において優れている指標です。

注目度も高く、市場への影響力があります。


中古住宅販売件数

●毎月下旬

景気と関連深く、先行性が高い指数。

中古住宅で所有権移転が完了したもの。

一般に米国では、不動産市場において、

新築住宅販売より、中古住宅販売の方が

規模として大きいと覚えておいて下さい

注意すべき点は、

季節や天候の影響を受けやすく、

予想と違った結果が出やすい所です。
また金融政策変更時には特に重要視されます。

というのも、所得状況やローン金利動向などに

影響を受けやすい為、特に金利上昇期には、

将来的なローン金利上昇を見込んだ

駆け込み需要が増加することもあるからです。

新築住宅販売件数

●毎月下旬(月末から月初)

景気動向の重要指数。

米国で販売された新築住宅の件数。

(売買契約が結ばれた時点の件数)

米国では一般に、新築住宅販売件数は、

中古住宅販売件数と同様、個人消費者の

景気見通しが強く反映されているため

景気動向とも関係が深く、

先行指標としても重要視すべき所です。

また、家具や家電製品などの

個人消費に与える影響が大きく、

金融政策変更時には特に重要視されます。

米・小売売上高

●毎月中旬(第2週)
景気回復の先行指標。
百貨店やスーパーなどの小売・サービス業の
月間売上高について、サンプル調査をベースにした
景気に関連する経済指標で、
個人消費の動向が分かる事などから注目度は高いとされています。耐久財と非耐久財に分けて発表され、自動車部門を除いた部分が重要視されます。市場への影響も大きいと言えるでしょう。

なお、「小売売上高」という指標は、

米国だけでなく、日本も含めて

各国で発表されています。

個人消費の動向を把握する上では、

欠かせない情報となっていますので

必ずチェックするようにしましょう。

米・耐久財受注

●毎月下旬

機械設備投資の先行指標。

商務省経済分析局が発表する、

企業(製造業)の耐久財の受注状況を

表した景気関連の経済指標で、

米国の製造業における

景気循環を見る指標の一つです。

変動幅が大きいことでも有名で、注意が必要な指標。
「出荷・在庫・新規受注・受注残高」
から構成されていて、代表的な商品には、
自動車や航空機、家電製品、家具などがあります。市場影響度は月ごとにばらつきがありますが、中でも、変動率の大きい輸送関連を除いた「非国防資本財受注」の注目度は高めです。

因みに、耐久財とは、

3年以上の使用に耐えうる消費財のことです。


生産者物価指数(PPI)

●毎月中旬(15日頃)

インフレ系の重要指数

労働省が毎月発表する、米国内の

製造業約10,000品目における

販売価格から算出した物価関連の指標で、

生産者が出荷した完成品や
原材料などの価格変動を表す経済指標。

一般に消費者物価指数(CPI)が

買い手側の価格を指すのに対し、

生産者物価指数(PPI)は

売り手側の価格を指します。

この指数が上昇すると、
消費者が購入する物価も上がり、
インフレに傾くため通貨の買いが進み、
逆に下落すると売り傾向に進みます。

製造段階別(原材料・中間財・最終財)

品目別、産業別などの数値も発表される為、

インフレ率の判断に利用されることから、

注目しておきたい指標の1つです。


住宅着工件数

●毎月中旬

景気動向の重要指数

商務省経済分析局が発表する、

米国の住宅関連の建設状況を見る指標で、

実際に、建築が開始された新築住宅の

件数を表すものです。(公共住宅を除く)

家具や家電製品などの

個人消費に与える影響が大きい

景気動向に非常に敏感であり、

金融政策にも大きな影響を与える。

天候に左右されやすく、

月ごとの変動幅が大きいので注意が必要。


鉱工業生産指数

●毎月中旬(15日前後)

景気全般の動きを見る指数

世界各国で発表される、鉱業・製造業部門の

生産動向を指数化した経済指標で、

製造業部門の生産性がわかり、

GDPとの関連が深い点に注目が集まる。

景気全般の動向を知る為の

重要な指標と言われていますが、

相場への影響力は中程度との見方も

因みに、日本の鉱工業生産指数は、

経済産業省が発表する「鉱工業指数」の一つで、

鉱工業生産活動の全体的な水準の推移を表します。

また、鉱工業指数とは、鉱工業製品を生産する

国内の事業所における生産、出荷、在庫に係る

諸活動、製造工業の設備の稼働状況や、

各種設備の生産能力と、動向把握を行うことを

目的としたものです。


貿易収支

●毎月10日頃発表

一国の輸出量と輸入量の収支のことで、

政府と民間の輸出額から

輸入額を引いたものを表していて、

収支の悪化具合が分かる指数です。

長年続く貿易収支の赤字は

アメリカの大きな問題になっているため、

マーケットでは「赤字額の大小」や

「対中国・対日本等の収支」等に注目です。

なお、市場への影響力には

バラつきがあるとされています。


OECD景気先行指数

●毎月20日頃

OECD(経済協力開発機構)が毎月公表する、

主要加盟国等の経済指標を基に作成する指数で、

景気後退の予測指数とされています。

既に発表された10個の指標をまとめたもので

景気後退の予測ツールとして重要。

一般的に3ヶ月連続の低下は

景気の後退期と認識されています。

市場への影響にはムラがあるとはいえ、

景気の動向を測るには押さえておきたい所です。

米・住宅建築許可件数

●毎月中旬ごろ

景気動向の重要指数。

米建設許可件数」とも呼ばれ、

米国の商務省経済分析局が発表します。

住宅の着工前に、地方自治体などに

許可申請が必要な地域での、

許可発行数を調査した

住宅関連の経済指標で、

住宅着工件数と同時に発表される為

先行指標とも言えます。

(通常、許可申請が行われた住宅は、

ほとんどの確率で着工されます)

相場への影響力はあるものの、相場が動く

きっかけとして扱われることが多いようです。

あとがき

まずは、こんなところでしょうか。

とりあえず、ザッと書いてみただけなので、

また順次、追加していこうと思います。

経済指標は投資を行う上で、

必ずチェックしておくべき対象です。

手始めに米雇用統計からでも構いませんので、

チェックする癖をつけてみてはどうでしょう。

ドルにしろユーロにしろ、

世界の経済状況を知っておくことは

今後、何につけても大きな武器となりますので

積極的に調べるように心掛けていきましょう。

では、またの追加をお楽しみに。

ありがとうございました

お問い合わせ&メルマガ

「ブログではちょっと・・・」

という内容に関しては

僕のメルマガから発信していく予定です。

裏情報も混じるかも知れませんので

登録しておいて損はないかと思います。

(不定期ですし、やかましくはしませんので)

⇒ 酒屋ブロガーのメルマガを無料で読んでやる

※万が一お気に召さなければ解除して

全力でゴミ箱に投げ捨ててやって下さい!

現状、稼げてる人なんて

みんな結構どん底味わってたりしますよ♪

ネットビジネスというのは

少しの努力さえあれば、

必ず結果の出るビジネスです。

諦めさえしなければ

失敗は永遠にやってきません!

⇒ 酒屋ブロガーのメルマガを無料で読んでやる

今後とも、よろしくお願いいたします。

ご質問はこちらから

お気軽にお問い合わせください♪

酒屋ブロガー「カズユキ」でした。

お気に召しましたら、ぜひ記念に

下記ボタンから応援下さると励みになります♪

最後までお付き合い、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る