ファンダは確かにアテならんが、世界的なリスク時くらいは臨機応変に

カズユキです

今回はファンダメンタルズについて。

まぁいつもは

ファンダとか全くアテにしてない

完全テクニカル派の僕ですが、

ちょうど最近だと、コロナウイルスとか

他にも、少し前だと戦争がどうだとか

世界的な不安要素・・・まぁいわゆる

リスク等がニュース他で取り上げられて

(リスクオンとかオフとかいうやつ)

そんな時には、多少なり相場にも

(相場にってか、僕らの場合通貨にやな)

影響があるので、そういう場合は

無理せず目線変えてみるのも一手・・・

って辺りの話をしてみようかなと。

もちろん、そういうリスクってのは

解消されれば、また正常な動きに戻りやすいし

短期的に目線を変えるというだけで

おおまかな流れは変えないのは前提っすよ。

ファンダも言うたらテクニカルの一端なので。

というのも、ファンダによって

一時的な上昇下降あったにしても

それらを後々見てみると

重要なライン付近で止められてたりだとか

腑に落ちる動きになってることが多い。

(結局テクニカルに沿ってるやんって事)

ま、とは言っても一時的な値動きに

イチイチ振り回されててもしゃーないんで

今回の話はホンマに臨機応変に

っていうのを念頭に入れて考えます。

売りでも買いでも

「目線の固定」ってのは

利益上げていくうえでは重要。

コロコロ目線変えてしまうのは

損切り貧乏へまっしぐらやと思うんで。

言うてみれば

目線の固定が出来る人は

多少の逆行にも冷静に対処するので

変な所で、意味の無い損切りとかせんし

正しくFXに取り組んでると言える。

でもま、個人の”いち意見”なので

参考程度にどうぞッスよ~

って事で、

今回もゆるりとお付き合いよろしく。

ファンダは確かにアテならんが、世界的なリスク時くらいは臨機応変に

あ、因みに毎回言うてるけど

僕はFXの講師でも何でも無いので

僕の話を鵜呑みにして取引とか

全くもって責任持てないのでよろしく。

いや、「僕の」っていうか、

ネット上の意見やら感想やらってのは

ホンマ、参考程度に見るもんやでw

特にFXなんてもんは”100%が無い”

不確定要素の多すぎる世界やねんから

疑ってかかってお釣りくるでな。

そういうことなんで、

僕のブログも別に信じてくれとか

全くもって思わんし、

実体験で感じてることを

好き勝手に書いてるだけやから

適当に見ていってくれたらええんでw

今回のファンダメンタルズの話かて

実際にはファンダをしっかり分析して

利益上げてるって人なんであれば、

それはそれで正解やとも思うんでね。

ま、本末転倒なこと言うと

「稼げりゃ何でもかまへん」

ってのも、多少頷ける所でもあるし。

その辺は人それぞれ

考え方あるやろうから自由で良いと思う。

で、

今回は大まかな目線は変えないけども

短期的にであれば、少し動向探るというか

「そんな時まで頭固くせんでもええやろ」

みたいな話になります。

FXやってると、シナリオってのは

日々、描くとは思いますが

(シナリオ考えへんって人は論外なw)

そのシナリオも大まかな部分と

「今日1日のみ」みたいな

短期的な部分ってのもあって然り。

不確定要素の多いFXにおいて

臨機応変に対応していくことは

大事な部分かと思いますので

どうぞ、頭デッカチにならず

柔軟に対応していってもらいたいと思う

今日この頃のオレだ~

多少の逆行に対して思う事

じゃまず最初に、ファンダメンタルズ含め

何かしらの原因が働いてしまって

自分の思惑よりも意外と

逆行が強かった時の対処法(考え方)など。

これは、僕の場合であれば

ある程度「根拠が見出せる場所」

止まるまでは経過を見守る事にしてる。

じゃないと、同じ負けるにしても

何も得られんまんま終わってしまうんで

次に繫がりにくいと考えるんで。

よくやるのは、各時間足で引いといた

フィボやらのライン付近が

やっぱり意識されるのか?とか、

はたまた、

ただのファンダやら指標やらによる

一時的な上げ下げなのか、

ってのを確認して

腑に落ちる所にいくまで、とにかく

根拠が見えるまでは切らないようにしてる。

(まぁ戻ってくる事が大半やけどなw)

で、

実際にエントリーするときって

充分にエントリー根拠を見出してから

これでもか!ってくらい慎重に入りますよね。

(場合にもよるってのは置いといて)

ちなみに、

適当な場所で売ったり買ったりって人は

非常に危険な思考してると思うので、

万一、ラッキーで取れたにしても

ビギナーズラックくらいでやめときやw

ほんでや、、、だがしかし、

「だがしかし」ですよ、

それでもやっぱり

FXってのは100%のない世界なんで

多少の逆行喰らう事だってそりゃありますよ。

でもそんな時に

ちょっと逆行したからって「即損切り」

なんてやってたら、資金減らし続けるだけ。

いわゆる「損切り貧乏」ってヤツっすよ。

めっちゃ極端な事言うてしまえば・・・

ポジションなんてもんは、

ずっと持ち続けることさえできるのなら

そうそう負けることは無い(笑)

(ホンマ極端に言うたらやけどw)

あ~切らんと持っとけば今頃助かったのに~

なんてのは、誰しも経験したことあるはず。

まぁ、そういう力技で勝とうと思えば

ロット管理も重要になってきたりとかするし

・・・ってか、

そんな「ガバガバなトレード」は

そもそもしない方が賢明やけどw

なのでまぁ、

ここで言う所の”多少の逆行”ってのは

「そりゃ100%は無い世界やねんし

そんな何もかも思い通りにはいかんよね」

って範囲の事を言うてます。

例えるとすれば、仮に100Pipsとか

それくらいの逆行なのであれば

そもそも目線が間違ってたって話やろし

そこまでの逆行なら、早々に切ってもーて

また次のチャンス狙った方が

時給も上がると思うんで得策かと。

それも耐えられるってロットでやってるなら

スイングに移行するなどして対処してもええし

その辺は個人の考えで判断すれば良いと思う。

で、そうではなく

たかだが10Pipsや20Pips程度の逆行で

即損切りを繰り返してると

ホンマ、いつまで経っても資金増えへんで?

っていうことを僕は言いたいだけなんで。

神や仏やあるまいし、

未来が完全に分かる人間なんておるわけないし

それに、

多少の逆行というのは

FXなんてものに手を出すんであれば

受け入れなければならない

最低限のリスクではないかと。

リスク取るのが嫌ならば

FXに限らず他のビジネス含めて

全てにおいて手を出すべきではない

と、僕は思うんでね。

普通に仕事しながら

コンビニとかでバイトでもしてる方が

よっぽど堅実やし確実ッスよ(笑)

ってことなんで、

多少の逆行くらいで即損切りしてる人は

ロット下げるなどして対処しつつ、

じっくり値動き観察してみるのも

考え方の1つかと思うんで参考までに。

値動きの重要性

んで、損切りも含めて言えるのが

確かにライン等で行った分析ってのは

FXやる上で必須条件ではあるんやが

それよりも重要なのは値動きの観察

(やと、僕は思ってる)

他でも書いたと思うけど

チャート分析なんてもんは

所詮は人間が勝手に行ったモノであって

相場さんには全く関係の無い話なんで。

たとえ、

そこに重要(っぽい)ラインがあった所で

相場さんからすれば全く関係ない話なので

そりゃことごとくすり抜ける

なんてことはザラにありますよ。

もちろん、抜けたと見せかけて

「やっぱや~めた」みたいに

普通に逆行していったりなんて事も多い。

まぁ言うてみれば、

「相場さんというのは秋の空」っすよ。

(コロコロ気が変わるってこと)

なので、僕ら人間如きに出来るのは

せめて取れる所だけありがたく。

これ以上を求めすぎると

大抵の場合しっぺ返しに遭う。

ちょっと矛盾してるようやけど

分析はもちろん大事やし、

FXやるんやったら絶対必要やねんけど

それ以上に・・・

分析だけでは到底分からない

未知数だらけな代物が「相場さん=FX」

って事ちゃうかなと。

んで、そこで考えるのが

分析も踏まえた上での「値動きの観察」

分析しきれない部分に関しては

無理にトレードするのはやめるも良し、

出来るだけ相場さんの気分に合わせて

こちらも手を打っていく必要がある。

ま、ホンマにワケ分からんような

値動き方してるときは、

そもそも手出しすること自体危険なので

そういう場合は一旦落ち着く所まで待つ。

それでもどうしても待てないなんて人は

(そんな人は危険ではあるけどw)

0.01ロットでも張って

値動きの観察してればいい。

もし自分がポジション持ってたら・・・

っていう勉強の為になればと思って

僕も前はよくやってましたよw

(もう最近はやってないけどね)

やっぱり、

どれだけ架空でポジション持ってる

って思い込もうとしても

実際、お金掛かってないことには

リアリティさは欠けるんでね。

ま、別に

おすすめするような方法でもないので

観察だけで勉強できるって人は

それでいいと思うのでがんばって。

とにかく言いたいのは

分析も大事やけど、

それ以上に値動きが大事って事。

(特に直近ね)

いくらそこにフィボやらの数値があろうと

直近がもの凄く上昇(または下降)してんのに

それ完全に無視して、安易に逆張りとか

危険極まりない行為やと思うんで。

値動きは、いつかどこかで一旦落ち着くので

それからアクション起こしても全然間に合う。

まぁ大抵の場合、

そういう所には重要なラインがあること多い。

という感じで、

分析だけで完璧と思い込まず、

あくまでも重要なのは値動きだと思って、

値動きに合わせて立ち回るようにすると

意外と上手くいくこと多いっすよ。

ま、僕が思うだけかも知れんけど

ホンマこれだけでも効果あったりするし

参考までにどうぞッスよ~

冷静な判断には、やっぱりロットの最適化

んで、ちょっと前に

「ロット管理できてたら

勝手に資金管理なんて出来てる」

って話を記事にしてみたんやが

こういうファンダ系の話であっても

同じ事が言えると思ってる僕。

どういうことかっていうと

たとえファンダによって

予想外に相場が動いたところで

結局は自分が許容できるロット

トレードできてさえおれば、

そもそも焦ることも無いし、

サッと切ってしまって次にも行きやすい。

例えばドル円なんかやったら

よほどの事件でも起こらん限り

いきなり5円も10円も動かんやろw

(フラクラみたいな例外は除く)

ま、そもそも長いことポジ持たんかったら

そこまで危険なことはないと思うので。

ただまぁ、

ファンダは確かにアテにはならんし

予想外に動いたときは、それはそれで

許容できるロットでトレードは当然ながら

予想外に動いたのであれば

やや短期的に目線を変えてみる

くらいの対応はしても宜しいかと。

ま、シナリオに無い部分に関しては

そもそもトレードしないって

決めてしまってる方が安全ではあるがね。

しかし、思い込みとか執着ってのも

FXにおいては怖い部分であることも確かなので

やはり、その時々で臨機応変に対応することは

損失の軽減に繫がると僕は思いますので。

参考までに。

ポジの持ち越しは基本しない

ほんで今ちょろっと出たけど

「ポジションの持ち越し」について。

これに関しては、

僕は基本持ち越しはしないと決めてる。

特に金曜の週明けまで持ち越しとか

間違ってもデメリットしかないのでしない。

「その日のトレードはその日のうちに」

が、僕のモットーでもある。

あ、いや、その日っていうか、

よ~く持って3時間くらいちゃうかな?

好みによるとは思うけど

僕の場合は、あんまり長いこと

ポジション持つことがストレスに感じるので

それやったら、

出来るだけ分析に時間使って、

実際のエントリーから決済までは

極力、短時間で終わるように努めている。

ポジション持つこと自体がストレスって

結構”FXあるある”やったりするらしいしw

で、

持ち越ししないことももちろんやけど

極力、短時間で手仕舞う事を心掛けてると

さっき書いたみたいな、

「ファンダによって予想外に動かれる」

なんていう状況も避けられるので吉。

それでもたまに巻き込み食うこともあるがw

ま、それもFXやる上では

受け入れるべきリスクかと思えば

ある程度、許容して行かんと

FX自体やめとけって話にもなってくるし。

今回はファンダの話なので

こんな形で書いとくけど

ポジ持ち越すこと自体、僕としては

あんまりおすすめではないので

出来れば、長々とポジ持つよりは

分析に時間掛けた方が

無駄に資金減らす確率は減ると思うので

まぁ参考までに~

世界的にマイナスっぽいなら、とりま売っとけw

こんなこというと

”当てずっぽうトレード”

みたいな感じになるが

僕の経験上でもそうやし、

過去に起きた事例とか比較しても

世界的にマイナス要因となりそうな

ニュースやらなんやら確認したのなら、

「下目線」になる事が大半なので

アホでも売ってりゃ利益になると思うw

僕の場合、通貨は

ポン円とドル円に絞ってるので

その場合の話にはなるけども、

他の通貨でも大体同じこと言えると思う。

最近のコロナウイルスとかに関して言えば

オージーなんて、誰が売っても

勝手に利益出るくらいの下がり方やったし。

でもま、そんな時に思うのが

世界的に、あんまりよろしくない事件起きてるのに

こっちはこっちでチャンスとか思って良いのか・・・

出来れば世界は平和であっては欲しいものの

こういう事でもないと相場も激しく動かん。

なんていう、

ちょっと矛盾したような気分にもなるが(汗)

ま、その辺の話は個人の考え方やとして

今回のテーマで書いとくと

大まかな流れは上目線やけども

突発的なマイナス要因が発生してる時くらいは

短期的に下目線で考えるのも一手。

いくらテクニカル的には上やとしても

明らかに下落が強いと感じる相場で

無理に買いばっかり入れてても

不利な状況ってのはあると思うんで。

柔軟に臨機応変に対応していくと

ファンダによる荒波に巻き込まれる事も

最小限食い止められると思うっすよ。

参考までに。

ファンダメンタルズで稼ぎ続けるのは難しい

ほんで、

やっぱりテクニカル派の僕としては

これは言うときたいってのが

ファンダだけで稼ぎ続けるのはムズイって話。

ファンダだけで取引してる人ってのは

およそギャンブルに近い感覚になってまう。

(と、個人的には思ってる)

散々の下がる下がる的な発言やら

どっかの国の要人がどうたらこーたら

言うてるときも、全然相場関係無い

なんてことはよくある話。

って思ってたら、

意味の分からん時間帯に

予期せん動き方する時だってある。

まぁ100%がない世界やねんから

当然と言えば当然の話やねんけど

厄介なのが、これら全てを

ファンダメンタルズ分析でどうにかしよう

なんて考え方で取引しようとする人も

一定数おるって事やねんなコレが。

そんなどっちに転ぶか分からんモンに

当てずっぽうで賭けてるとか

ギャンブルやってんのと変わらんやん?

って、やっぱ思ってしまうんよね。

ま、「それもちゃんと分析だ!」

なんて言う人もいてると思うので

別に否定はせんし、要は稼げりゃええんやし、

勝手にやっててくれれば良いッスよ。

あくまでも僕の考えとしては

テクニカル分析の方が

続ける事に関しては向いてると思う

っていうだけの話なんで。

ファンダよりテクニカルが重要

で、今の話の補足的に、

なんでファンダよりもテクニカル?

っていう辺りも少しだけ。

なんでかって答えは単純なんやけど、

要はファンダもテクニカルの一部に過ぎん

っていうのがあるからやねんな。

ファンダによって起きた急上昇(下落)も

後々見てみたら、例えば

エクスパンションの数値で綺麗に止められてたり

トレンドライン等に綺麗に沿ってたり、

何かしら説明の付く事例が多い。

多いっていうか・・・ほとんどそうw

何のツールでもかまへんと思うが、例えば

色んな所にフィボでもなんでも引いて

自分で確かめてみると良い。

大体、38.2とか61.8とか

その辺りで制止か反発喰らってる。

って事は、

ファンダも冷静に考えてみたら

テクニカル通りに動いてるって事やねんから

分析はやっぱりテクニカルやねって。

まぁ単純にそれだけの理由。

んで、面白いのが

そんな感じで一回引いてみた

重要そうなライン等ってのは

過去でも未来でも

意識されてる(場合が多い)って事。

ってことはやで?

そのライン等意識しとけば

いきなりの急上昇(下落)も

「とりあえずこのラインまではいくかな」

みたいに落ち着いて構えてられるので

無駄に焦ったりせんでいいし、精神的に楽。

戦略(かどうかは知らんが)として

とりあえず引いた重要そうなライン付近まで

相場が動いてくるまでは様子見しとことか

それまでは極力、小ロットでいこうとか

僕的には落ち着いてトレードできる。

ま、テクニカルも100%ではない

とか言い出したらキリないんやけどw

そこは置いといても、出来るだけ高確率に

そして安全圏内でトレードしたいのなら

やっぱりテクニカル無しではできへん。

そんな感じッスかね~

テクニカルは基本”大きい時間足”から

んじゃ最後に、

あえて僕なんかが言わんでも

頭の良さそうなYouTuberやらが

つらつらと解説してるでしょうがw

テクニカルの基本は大きい時間足から

が、大事なんでお気を付けて。

小さいローソクばっか見てても

全然ラチあかん分析になりがち。

なんていうか、

僕的に分かりやすく言うと

小さい時間足ってのは

大きい時間足にすぐ飲まれる。

・・・って感じかな(笑)

幾らそこが重要そうなポイントだろうが

分析自体が小さい時間足の場合

あんまり信用に足らん事が多い。

小さい波は大きい波には勝てん。

そう思って分析してると

見送るべき場面って結構あるし、

危険な目に遭うことも少なくなる。

かといって、

いつまでもビビっててもしゃーないんで

どこかで勝負はかけんとアカンのやけどw

まぁその辺は

場数も必要になってくるし

一概には言えん所。

個々の勘とかもあるやろ。

トレードスタイルなんてのは

人によって向き不向きあるので

僕がどうこう言うモンでもないし

ここでは僕の考えを書くだけにしとく。

ま、要は稼げりゃなんでもかまへんのでw

あ~そうそう参考までに

見るローソク(時間足)のおすすめは

4時間、1時間、5分(時々15分)

くらい見とけば充分対応していけると思う。

あんまり大きすぎる時間足見てても

「どんだけ先の未来予想してんの?」

ってなるし、見ても日足までちゃうかな?

FXは短期投資向きやと思うので

あんまり遠い未来の予想した所で

それやったら株とかやり~やってなるし。

まぁあくまでも「僕の場合は」

なので、くれぐれも投資は自己責任で。

まとめ

ってことで今回は

ファンダメンタルズについて

個人的に思う事を残しておいた。

確かに株価とかも相場には関係ある?

かもしれないので、それで利益上げてる

なんて人には意味の分からん内容やったかもな。

ただ、株とか先物とかは

あくまでも長期的な案件と

僕は考えているので、

そもそも投資の尺が違うというか、

超短期で稼げるのがFXの醍醐味やし

そこをはき違えると全くアテにならん。

短期投資に長期投資の目線なんて

そりゃアテにならんってのは

アホでも分かると思うんで。

なので外的要因いうのは

FX(為替)には一時的な作用があるだけで

大きな流れは中々変わりにくい。

そんな感覚で取り組んでると

逆に「ファンダ邪魔」とさえ思えてくるw

ファンダメンタルズで

ギャンブルトレードするのがFXではない

っていうのが伝われば良し。

でもま、本末転倒なこというと

だからって別にテクニカルが100%

なんて、そんな事言うつもりは毛頭無い。

100%はもちろん無いし、

リスクもある程度取って行かんとアカン。

それがFXってもんやと思うし、

せやったら、出来るだけ安全に、

高確率で取れる所をありがたく。

(それが嫌ならやらんかったら良い)

そんな感じで毎日コツコツですよ。

あ、そうそう、それと

今回のテーマでもあるけど

何も「ファンダ全く無視しろ」とも

僕は言いませんので悪しからず。

世界的に暴落してんのに

そんな時まで”買い目線固定”とか

頭でっかちなことせんで良いんで。

そういうときは静観するか、

短期的に目線変えるとか、

ロット下げて様子見てみるとか、

柔軟に対応していくことも

FXでは大事な事かと思うんで。

ま、詰まるところ、

「ファンダは確かにアテならんけど

世界的にマイナスっぽいなら臨機応変に」

ってことっすよ。

ともあれ、そんな感じで

毎日トレード楽しんで貰えればと思います。

ちなみに、FXに関する記事は

以下にまとめてますので

もし時間良ければどうぞです~

__________________

FX関連記事をまとめてみた。兼業ブロガーが解説するFXの基礎知識

__________________

では今回はこの辺で~

読んでくれておおきに!

カズユキ公式メルマガ【19リットルマガジン】

「ブログではちょっと・・・」

という内容に関しては

僕のメルマガから発信していく予定です。

裏情報も混じるかも知れませんので

登録しておいて損はないかと思います。

(不定期ですし、やかましくはしません)

⇒ 酒屋ブロガーのメルマガを無料で読んでやる

※万が一お気に召さなければ解除して

全力でゴミ箱に投げ捨ててやって下さい!w

現状、稼げてる人なんて

みんな結構どん底味わってたりしますよ♪

ネットビジネスというのは

少しの努力さえあれば、

必ず結果の出るビジネスです。

諦めさえしなければ

失敗は永遠にやってきません!

⇒ 酒屋ブロガーのメルマガを無料で読んでやる

今後とも、よろしくお願いいたします。

カズユキへのお問い合わせ

また、ご質問はこちらから

必要であればSkype通話も受け付けてます♪

お気軽にお問い合わせください♪

酒屋ブロガー(カズユキ)でした。

お気に召しましたら、ぜひ記念に

下記ボタンから応援下さると励みになります♪

最後までお付き合いありがとうッス

トップへ戻る