「失敗も成功のうち」とは?いつまでも初心者マインドでは稼げない!

酒屋でブロガーなカズユキです

今回は

「失敗も成功のうち」

という言葉について考えてみます。

おそらく「失敗も成功のうち」

という言葉自体は、誰でも

1度は聞いたことがあるでしょう。

もちろん、その言葉通り

失敗しても、決してそれは無駄では無く

成功するための通過点だという事ですね。

で、今回はそんな

「失敗も成功のうち」という言葉について

僕なりの考え方を書いてみたいと思います。

実はこれって、ビジネスでは

重要な考え方の1つだったりします。

僕の場合、自己投資するにあたって

やはりビジネス系の投資が多いですから

こういった、マインドの部分に関しては

非常に重要視しているポイントであります。

ビジネスでも何でもそうですけど

失敗なんて考えたり、または

失敗の度に落ち込んでいても

時間がもったいないだけですよ?

失敗しないと、

成功できない訳ではないけど

成功とは・・・

失敗を恐れないことです

何にでも失敗は付き物です

成功したことない人は

失敗したことない人。

さらに言えば、

失敗したことない人は

挑戦したことない人です

ぜひ最後までお読み頂き

失敗の捉え方について考えて頂き

前向きにビジネスに取り組んでみて下さい。

成功者は必ず失敗している理由について

僕は日々、知識マッチョになるために

自己投資ネタを書きながら

資産型ブログを推してますが、

ブログに限らず、みんな

失敗というものを嫌います。

失敗が好きって人は、

それはそれで凄いです(笑)

誰だって失敗したくはないものです。

でも、ビジネスに失敗はつきものです!

どんな成功者でも必ず失敗してます。

僕の知り合いの、

とあるブロガーさんなんて

過去に300もの記事を消去した。

なんて人もいるくらいですw

成功するか、失敗するか

未来は誰にも予測がつきません。

まぁ、そこが面白い所でもあり、

挑戦し甲斐があるんんですけどね。

成功者はいつもポジティブ

経験から予測・計画を立てることは出来ます。

でも、必ず成功する保証はどこにもないです。

アフィリエイト(ブログ)とは

ある程度、稼ぐまで時間が必要です。

始めたばかりで、紹介する商品全てが

100%売れるなんてこと有り得ません。

アフィリエイトで月1000万円

稼ぐ人でも、それまでに必ず失敗してます。

そもそも、実際に稼いでいる人達とは、

失敗を失敗と思っていない人達です。

失敗とは、諦めた瞬間が失敗。

諦めない限り失敗にはなりません。

失敗したと嘆くヒマがあるなら

どう成功へ導くか、改善策を練る。

成功者はいつもポジティブです。

従って、目の前の失敗に文句を言ったり、

ましてや、他人のせいになんてしません。

どんなビジネスでも

失敗無くして成功はないと、

考えずとも分かってるんでしょう。

「経験曲線」を意識する

成功するためには、トライ&エラー

そして、経験曲線を意識することです。

経験が実績に変わっていく瞬間です。

ブロガー的にもっと具体的に言えば

アフィリエイト収入が発生する頃です。

もっと具体的に言えば!

例えば、子供の頃の自転車の練習。

最初は乗れなくて当たり前。

個人差すらあれど、

乗れる瞬間が誰でも訪れます。

ここです。乗れた瞬間です。

そう考えれば、失敗も貴重な経験です。

ブログで言えば、

資産になっていく瞬間です。

成功者は失敗を失敗とは思っていない。

この思考をモノマネしてやりましょう。

いつまでも初心者マインドではいけません。

最初は誰でも仕方無いことですが

あまりにも初心者呼ばわりされると

気分良いもんではないですしね。

どんなに失敗しても構いませんから、

そんな初心者呼ばわりする輩を

軽く追い越してやりましょう。

ま、失敗は成功の素。

って言葉もあるくらいですから。

経験曲線を意識しつつ

失敗を恐れないことが重要なんです。

失敗を指摘されましょう

それでも失敗を恐れてしまうというあなた。

なかなか手強いですね(笑)

失敗をしてもポジティブに

トライ&エラーを繰り返す。

経験曲線を意識していれば

ヒットする日は必ず来る!

それを実践するだけなのですが。

では少し視点を変えて考えてみましょう。

アフィリエイトを始めたばかりなら

稼いだ事がなくて当然ですね。

マインドセットが重要といっても

理解しきれないと思います。

稼いだ経験がないのですから、

当然、まだ失敗もしたことがないのです。

となると、

解決策を見出すことも叶いません。

(というか、その思考になれません)

ならば、信頼できる指導者

失敗を指摘されにいくのが1番近道です。

失敗しない人間なんていません

如何にノウハウに価値があろうとも

失敗を恐れて何もしないようでは

いつまでたっても、同じ位置です。

ならば、失敗をフォローしてくれる

デキる指導者が隣にいれば

失敗を恐れず突き進めますよね。

高額塾などのサポート体制については

別記してますが、信頼ある指導者ならば

どんな失敗であっても乗り越えれます。

サポートに頼るのも1つの手段です。

現状、稼いでいる人というのは、

サポートを使い倒しています。

それは失敗を恐れていない確固たる証拠。

失敗を指摘されに、自ら飛び込むも同じ。

失敗しない人間なんていません。

ですから、自分一人で失敗を恐れているのなら

指導者に思い切って当たってみることです。

成功・失敗=稼げる・稼げない?

失敗しても解決できる技術を

持ち合わせているというのも

良い指導者の基準でもあります。

失敗から引き上げるのも指導者の力量。

そもそも・・・

失敗、失敗というのであれば、

失敗した人を引き上げられなければ

それは指導者の失敗になるでしょうか。

僕はそうは思いませんけど。

稼げれば成功。

稼げなければ失敗。

それが全てではない。

日々解決策を見出すことこそ

今やるべきことだと思います。

良き指導者なら分かっているハズ。

何にせよ、

いつまでも失敗を恐れてばかりでは

成功する日はドンドン遠ざかる一方です。

加えておくと、稼げたら成功なのであれば

巷で売られている、稼ぐノウハウ自体も

100%のものばかりが出回るはず。

でもそんなことはないですよね。

個人差があるというのは

そういうことだと思います。

しかし、

やればやるほどに成功に近づくのも事実。

失敗を恐れて何もしないことが

本当の意味での失敗だと僕は考えます。

※稼げなくても良いと言ってるわけではなく

失敗に対する心構えの話なので勘違いなく。

「失敗も成功のうち」という考え方についてのまとめ

最後に質問です。

絶対失敗をしない人っていると思いますか?

答えは、イエスです。

なぜならそれは、この世には

一度も挑戦したことがない人

存在するからです。

失敗を恐れている人は、

ただ逃げているだけ。

稼げないのは必ず原因があります。

そして、その原因を

突き詰められる事から逃げてます。

つまりは失敗から逃げているということ。

しかし!

ここまで読んでくれたということは

あなたは失敗を恐れず、ポジティブに

考えられる人だと判断します。

なぜなら、

こんな顔も分からない酒屋の言うこと、

素直に読み進めてきてくれましたしね!

僕のサイトに来てしまったのも

失敗のうちの一つかも知れません(笑)

・・・すいません(笑)

ま、冗談は置いといて(笑)

人間というのは、

失敗というステップを踏む事で、

より進化を遂げられるのです。

失敗と経験からでしか

人は学びを得られません。

失敗して悩んでるくらいなら、

気になる情報発信者の

お問い合わせフォームに、思いの丈

全部ぶち込んでやれば良いんですよw

それが僕でも全然構いませんし、

既に指導者がいるなら、

サポート使い倒してやればいいんです。

何もせず、失敗と嘆いてるだけなんて

意味不明ですよね!

稼げるようになれば報われます。

そのための失敗です。

そう考えれば

失敗も成功のうちですね!

恐れずに挑戦し続けてください。

毎日が経験曲線の途中です。

では今回はこの辺で。

ありがとうございました

カズユキ公式メルマガ【19リットルマガジン】

「ブログではちょっと・・・」

という内容に関しては

僕のメルマガから発信していく予定です。

裏情報も混じるかも知れませんので

登録しておいて損はないかと思います。

(不定期ですし、やかましくはしません)

⇒ 酒屋ブロガーのメルマガを無料で読んでやる

※万が一お気に召さなければ解除して

全力でゴミ箱に投げ捨ててやって下さい!w

現状、稼げてる人なんて

みんな結構どん底味わってたりしますよ♪

ネットビジネスというのは

少しの努力さえあれば、

必ず結果の出るビジネスです。

諦めさえしなければ

失敗は永遠にやってきません!

⇒ 酒屋ブロガーのメルマガを無料で読んでやる

今後とも、よろしくお願いいたします。

カズユキへのお問い合わせ

また、ご質問はこちらから

必要であればSkype通話も受け付けてます♪

お気軽にお問い合わせください♪

酒屋ブロガー(カズユキ)でした。

お気に召しましたら、ぜひ記念に

下記ボタンから応援下さると励みになります♪

最後までお付き合い、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る