PC作業には必要不可欠。ワードプレスでのバックアップ方法について

カズユキです

PC作業にバックアップは大切

ブログビジネスを志すのであれば

いつでもバックアップを取る

クセを付けておく必要があります。

ってことで、今回は簡単な

「バックアップ作業」について

書いてみたいと思います。

というか、設定さえしてしまえば

あとは自動なんで簡単っすw

ワードプレスでサイトを立ち上げる際、

必ずやっておくべきバックアップ作業。

大切に育ててきた自分のページが、

ある日突然、見られなくなるなんて、

そんな殺生な話はありません。

備えあれば憂い無し。

今では簡単にバックアップも

取れるようになっていますので、

サクッと終わらせておきましょう。

バックアップとは何ぞ?誰でもできる!簡単なおすすめ方法のご紹介

説明ってよりも、ホンマに紹介する

ってだけになるかもですがw

下記ののプラグインで、簡単に

バックアップを取ることができます。

どれくらい簡単かというと

SNSのアカウント取れるなら出来る

というくらい簡単です。

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin

では早速、プラグインの新規追加から

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin

(コピペして下さい)

を入力して、有効化させてみましょう。

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin

とは、ワードプレスで運営するサイトを、

まるごと全部バックアップして、

復元できるという優良プラグインです。

有料版もありますが、無料版でも

全然大丈夫かと思います。

特にややこしい設定もなく、

バックアップ対象の指定や、

バックアップを取る期間の指定まで、

誰でも簡単に設定できてしまいます。

管理画面も日本語なので、

操作しやすく安心です。

以下は作業内容になっていますので

参考にしながら進めてみて下さい。

UpdraftPlusインストール

まず、ワードプレスの管理画面で

「プラグイン」から「新規追加」。

そして、プラグイン検索から

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin

を入力します。

そして、下記プラグインが現れましたら

今すぐインストールの後、

有効化をクリックします。

次に、ワードプレスの管理画面に戻り

「設定」から

「UpdraftPlus Buckups」を選択。

下記の画面が表示されましたら、

今すぐバックアップをクリック。

次に下記の画面が表示されるので、

チェックはそのままで

今すぐバックアップをクリック。

以上で完了です。

バックアップが作成され始め、

サイトの規模にもよりますが、

約1分ほどもあれば完了します。

これだけでバックアップを

作成する事ができますので、

ぜひやっておきましょう。

なお、作成された、

バックアップデータは、

「バックアップ済み」のタブを

クリックすれば確認できます。

また、バックアップデータを、

ダウンロードしたい場合は、

「データベース」「プラグイン」

などの、各項目から選択すれば

ダウンロードできます。

バックアップ作業の自動化

ではバックアップを作成した所で、

次に自動でバックアップデータを

作成する方法を設定しておきましょう。

定期的に、自分でバックアップデータを、

ダウンロードしてもOKですが、

UpdraftPlusには、

バックアップデータを、

自動で作成&保存してくれる

便利な機能もあります。

便利な機能は使ってナンボです。

ドンドン使っていきましょう。

では、まず UpdraftPlus 画面の

上にあるタブから「設定」を選択します。

因みに、

「ファイルのバックアップスケジュール」

とは、画像、動画

プラグイン、テーマなどの事。

「データベースバックアップのスケジュール」

とは、記事、カテゴリ情報

コメント、管理画面の設定などの事です。

ここで、(期間を選択する所)

指定したタイミングで、

バックアップが作成されます。

更に、指定した保存先に

自動で保存してくれますので

かなり便利です。

期間は、

4時間、8時間、12時間、

1日、1週間、2週間、ひと月。

から好きな期間を選んで下さい。

バックアップの保持数も、

好きな数字を入力できます。

上記の画像の設定だと、

1週間ごとに、

バックアップデータを作成して、

2回分まで、

バックアップデータを残しておく。

という設定になっています。

スケジュールの設定は、

記事の更新頻度などに合わせて

自分の好みで構いません。

僕の場合だと、

「2週間ごと2回分保持」

という設定しています。

あんまり多すぎても、

保存先の容量を圧迫しますので、

適度な設定にしておきましょう。

バックアップの保存先(Dropbox)

では次に、バックアップの保存先

を設定しておきましょう。

保存先には「Dropbox」を使用します。

「Dropbox」とは簡単に説明すると、

ネット上に、ファイルを保存できる

「クラウドストレージサービス」

というものです。

スマホのデータ保管などにも

iCloudなんてものがありますよね。

あれと似たようなものです。

ネット環境があれば、どこからでも、

データを共有することができます。

無料で2GBまで、

データを保存することができて、

登録も簡単です。

早速、アカウントを作成してみましょう。

アカウント登録が完了しましたら、

UpdraftPlusの設定画面から、

「Dropbox」を選択します。

そして、一番下までスクロールして、

変更の保存をクリック。

下記の画面が表示されるので、

「Follow this link 〜〜」

という下線がある英文をクリック。

上記の画面が表示されたら、

メールアドレスとパスワードを入力し、

ログインします。

そして、次の画面で許可を選択します。

最後に、次に表示された画面で、

下部にある「Complete setup」をクリック。

以上で、Dropboxの設定は完了です。

Dropboxが認証されると、

バックアップの作成が

勝手に始まります。

もし心配な人は、最初に手動で

バックアップしたように、

「今すぐバックアップ」を選択して

ちゃんとDropboxに保存されるか、

確認してみるといいでしょう。

ちゃんと保存されていれば、

Dropboxのロゴマークが、

左下に表示されているはずです。

他の項目については、

特に設定する必要もないと思いますので

デフォルト状態で、大丈夫だと思います。

またバックアップが作成された時に、

メールで知らせる設定は

同じく、設定の画面を下にスクロールして

メールアドレスにチェックしておけばOKです。

まとめ(注意点など)

ほとんどプラグインの話でしたがw

あと、あえて言うとくとすれば

少し気をつける点として、

UpdraftPlusの無料版だと、

バックアップ作成時間の指定が出来ない事。

設定を保存したタイミングが

実行時間になってしまうという事です。

アクセスが集中する時間は避けて、

(例えば、深夜か早朝あたりで)

再度「変更の保存」を押して、

時間を調整するなどの対策が

あった方が無難かと思います。

ま、実際使ってても

そんなに不便感じた事も無いんで

ほぼデフォルト使いでかまへんかと。

よっぽどカスタムしたい人は

深掘りしても良いですけど、

あくまでもココでは簡単にって話なんでw

ともあれ、

ブログ(というかPC全般)には

必要不可欠なバックアップ作業です。

最初にちょこっとやっとくだけで

いざって時にも安心ですし、

何より、大切なブログを守るためにも

バックアップは、必ず取っておきましょう。

では今回は簡潔に、この辺で。

ありがとうございました

カズユキ公式メルマガ【19リットルマガジン】

「ブログではちょっと・・・」

という内容に関しては

僕のメルマガから発信していく予定です。

裏情報も混じるかも知れませんので

登録しておいて損はないかと思います。

(不定期ですし、やかましくはしません)

⇒ 酒屋ブロガーのメルマガを無料で読んでやる

※万が一お気に召さなければ解除して

全力でゴミ箱に投げ捨ててやって下さい!w

現状、稼げてる人なんて

みんな結構どん底味わってたりしますよ♪

ネットビジネスというのは

少しの努力さえあれば、

必ず結果の出るビジネスです。

諦めさえしなければ

失敗は永遠にやってきません!

⇒ 酒屋ブロガーのメルマガを無料で読んでやる

今後とも、よろしくお願いいたします。

カズユキへのお問い合わせ

また、ご質問はこちらから

必要であればSkype通話も受け付けてます♪

お気軽にお問い合わせください♪

酒屋ブロガー(カズユキ)でした。

お気に召しましたら、ぜひ記念に

下記ボタンから応援下さると励みになります♪

最後までお付き合い、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る